このページの本文へ移動

最適なクラウドを実現する手法「TRIOLEアプローチ」(注)

(注)TRIOLEとは、サーバ/ストレージ/ネットワーク/ミドルウェアを組合せてパターン化した富士通のICT共通基盤です。

業務システム毎にインフラを構築し、運用も個別に行う従来の手法では、コストの増大ばかりではなく、セキュリティや節電、災害対策などの徹底が難しくなってきました。クラウド時代では、インフラを業務個々に導入するのではなく、仮想化技術などを利用した基盤を共同利用し、状況に応じて、プライベートクラウド、パブリック・クラウドを組み合わせることが可能となります。そうすることでコストの削減やICTガバナンスの徹底を実現しています。

富士通では、基盤を共同利用し、プライベートクラウド、パブリック・クラウドを組み合わせることでコストの削減やICTガバナンスの徹底を実現。従来のサイロ(個別)型ICT:部門A(商談管理、コラボレーション、ミドル、OS、運用者)。部門B(商談管理、コラボレーション、ミドル、OS、運用者)。グループ会社C(生産管理、ミドル、OS、運用者)。クラウド時代のICTの全体イメージ:部門A、部門B、グループ会社C(見える化技術、商談管理、コラボレーション、生産管理、仮想化技術運用者)。パブリック・クラウド。富士通クラウドサービス。クラウド連携技術。自動化技術。配備手順業務システム。ライフサイクル運用。

ICTの全体最適を実現する「TRIOLEアプローチ」

インフラ基盤は、部門を横断した共同利用となります。従って、従来の個別最適から全体最適を考える必要があります。関係者が増えることからも納得性のある推進が重要なポイントとなります。TRIOLEアプローチは、多くの実践経験・ノウハウをベースに全体最適の進め方を体系化したものです。合意形成、標準化をベースに、多くの関連部門が納得性を感じるICTの推進を実現します。

「TRIOLEアプローチ」の特長

  • 多くの実践経験・ノウハウを体系化
  • 合意形成、標準化をベースとしたワイガヤ実践モデル
  • 業務を横断した全体最適化を実現
  • クラウド活用に向けた有効なアプローチ手法

TRIOLEアプローチの体系

TRIOLEアプローチの体系図。プロジェクトキックオフ。共通認識/中期計画。業務仕分け:サービスレベルメニュー化(特松、松、竹、梅、)。クラウド基盤設計:クラウド基盤標準パターン化(個別パターン(特松)、標準パターン(松)、標準パターン(竹)、標準パターン(梅))。運用標準化:運用標準パターン化(個別運用(特松)、標準運用(松)、標準運用(竹)、標準運用(梅))。セキュリティ基盤設計:セキュリティ標準パターン化(AAA、AA、A、BBB)。

  • 共通認識/中期計画:TRIOLE利用シーンレベル全集(注)を活用し、現状と将来像、ロードマップなどを関係者で合意形成します。
  • 業務仕分け:業務が要求するサービスレベルを共通尺度としてあるべきインフラ要件を関連者で合意します。
  • クラウド基盤設計:サービスレベルに対応した構成をパターン化し、アプリ開発者はサービスメニューを選択する運用にします。
  • 運用標準化:サービスレベルに対応した、運用項目やフローの標準化を行い、運用の効率化を実現します。
  • セキュリティ基盤設計:グローバル、モバイル活用などを考慮したセキュリティの標準化を行い基盤としての実装方針を検討します。

(注)TRIOLE利用シーンレベル全集:お客様要件の累計35,000件のデータから6分野32種の利用シーンを抽出・分類し、視覚化したもの

デジタルシフトを支えるこれからのクラウドとは

デジタルシフトを支えるこれからのクラウドとは

基幹系システムのクラウド化に向け、今後安心してクラウドシフトを進めていくには、どうすればよいのだろうか。具体的な処方箋を提示したい。

無料 資料ダウンロード実施中

FUJITSU Cloud Service K5 関連資料

€オープンテクノロジーと富士通の知見やノウハウである「Knowledge」を融合し、お客様の開発/運用の効率性を向上する新たなクラウド「FUJITSU Cloud Service K5」に関する資料がダウンロードできます。

  • デジタルビジネス・プラットフォーム MetaArcの強化について
  • FUJITSU Cloud Service K5 ご紹介資料

FUJITSU Cloud Service K5 関連資料 (簡単な情報入力でダウンロード可能!)

クラウド・コンピューティングに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

ご検討サポート・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)