このページの本文へ移動

FUJITSU ビジネスアプリケーション 票券管理SaaS

自社ホームページから直接チケットを販売する仕組みをご提供

「票券管理SaaS」は、自社のホームページから予約・支払・管理などチケット販売に必要な各種機能をサービスにて提供し、お客様が24時間チケットの自社販売(直販)ができる環境を実現します。

票券管理SaaS 導入事例

千葉市美術館様事例

「IoTおもてなしクラウドOPaaS.io」実証事業として、ICカードによるチケットレス入場の多言語対応を実現

公益財団法人 品川文化振興事業団様事例

区民会館のチケット販売にクラウドサービスを導入。 窓口販売の省力化と顧客の利便性アップを実現

票券管理SaaSの特長

  • インターネット環境を利用した購入者が24時間いつでもチケットを購入できる仕組みを提供します。
  • 全国のセブン‐イレブンでチケット発券と代金収納をご利用いただけます。また、公演中止の際の払戻しも店舗で実施可能です。
  • SaaS型で最短3日(会場図作成がなく、クレジット決済機能を利用しない場合)でサービスをご利用いただけます。

票券管理SaaS導入のメリット

「票券管理SaaS」は、全国の興行主様が自社のホームページから24時間いつでもチケットの直接販売を行える仕組みを提供するとともに、昨今の消費者のライフスタイルに対応したチケット販売を可能にするものです。あわせて従来のプレイガイドへのチケット販売委託方式では得られにくい、購入者情報の直接管理を行える仕組みを提供します。

チケットの自社販売による興行主様の収益拡大 興行主様は、自社のホームページから、お客様に直接チケットを販売することが可能になるため、プレイガイドへの委託販売で発生する中間手数料が不要になり、チケット販売の収益を改善することができます。
セブン‐イレブン店舗の利用によるお客様の利便性向上 興行主様が、全国のセブン‐イレブン(約1万3,700店)で、チケット発券と代金収納/払戻を24時間行うことができるサービスを提供します。これにより、お客様が、最寄りのセブン-イレブンでチケットの受領と支払いをいつでも手軽に行うことが可能になり、利便性が大幅に向上します。
興行主様の戦略的ダイレクトマーケティングを実現 従来のプレイガイド委託方式では得られなかった会員情報や購買履歴データなどの情報を一元的に管理し、適宜分析することが可能です。これにより、興行主様は、会員の趣味嗜好に合わせたプロモーションを行うなど、戦略的ダイレクトマーケティングが可能になります。

SaaSに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)