このページの本文へ移動

サプライチェーンリスク管理サービス
FUJITSU Intelligent Society Solution
SCRKeeper サービス内容

サービス内容

  • サプライチェーンのリスク評価をクラウドで提供いたします。
  • 平時においては、取引先の事業継続(Business Continuity)能力の評価を行うことで、ボトルネックとなる可能性のある取引先を確認し、サプライチェーンのリスクの見える化を可能にします。
  • 有事においては、被災した取引先を迅速に把握し、被災状況を管理することで、部品ごとの影響を見える化すると共に、生産復旧、代替調達に活用することができます。
平時:サプライチェーンの復旧リードタイムを把握し、事前対策に活用

(注)見える範囲:自社の契約範囲内(一次取引先から二次取引先、二次取引先から三次取引先)

有事:被災サプライヤを迅速に把握し、生産復旧、代替調達に活用

提供機能

ツリー分析

サプライチェーンのツリー表示

【メリット】

  • ツリー表示で品目ごどの商流を確認できます。
  • 1社発注、1拠点生産などリスクを見える化します。
  • リスク対策状況を確認できます。

ハザードマップによる拠点のリスク分析

ハザードマップによる拠点のリスク表示

【メリット】

  • 取引先の拠点の地域リスクを事前に把握できます。
  • 取引先へ災害対策を促すことができます。
  • 地域リスクを加味した代替調達先の選定に役立てられます。

有事における被災情報管理

震度情報と取引先被災状況マップイメージ

【メリット】

  • 地震情報と取引先の被災状況をマップ上で確認できます。
  • 被災状況の詳細は一覧表でも確認いただけます。
  • 取引先の被災状況を把握することで、復旧の初動活動に役立てられます。