このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. ソリューション & サービス >
  3. クラウド・コンピューティング >
  4. ラインナップ >
  5. SaaS >
  6. サプライチェーンリスク管理サービス SCRKeeper

English Site

サプライチェーンリスク管理サービス
FUJITSU Intelligent Society Solution
SCRKeeper (エスシーアールキーパー)

お客様の事業継続をICTで支える サプライチェーンリスク管理サービス

サプライチェーンリスク管理サービス(注)は、取引先の事業継続能力を評価、管理するクラウドサービスです。平時においては、取引先の事業継続(Business Continuity)能力を評価・分析することで リスクを見える化できます。また、災害等の有事においては、取引先の被災状況を迅速に把握することで、生産計画の見直しや代替調達に活用していただけます。

サプライチェーンリスク管理サービス「SCRKeeper」ご紹介

(注)サプライチェーンリスク管理とは、調達戦略を構成するマネジメントの中のリスクマネジメントの一部であり、取引先が要因となる安定調達の停止や延滞に対する事前対策と、災害時における対応の2種類で構成されます。

サービス内容 詳細はこちら

ご紹介動画・資料ダウンロードはこちら


サービス概要

サプライチェーンのリスク評価をクラウドで提供いたします。
平時においては、取引先の事業継続能力の評価を行うことで、サプライチェーンのリスクの見える化を可能にします。
有事においては、被災した取引先を迅速に把握し、被災状況を管理することで、部品ごとの影響を見える化すると共に、生産復旧、代替調達に活用することができます。

サービス内容 詳細はこちら

ご紹介動画・資料ダウンロードはこちら

サービスの特長

  • 取引先の事業継続能力を評価・分析
  • ハザードマップを活用した取引先の地域リスクを評価
  • 自社の製品に与える影響を分析
  • 取引先の被災状況を迅速に把握

サービス内容 詳細はこちら

ご紹介動画・資料ダウンロードはこちら

課題と効果

本サービスでは、平時だけでなく、災害等の不測の事態においても対応可能な仕組みを提供します。

お客様(発注側)の課題と効果

課題   効果
  • 不測の事態における取引先の事業継続能力評価が、整備されてない。
  • 災害等の有事の際に、取引先の被災状況を迅速に把握し、管理する手段が煩雑である。
  • 取引先の事業継続能力、拠点所在地のリスク評価ができます。
  • 災害等の有事の際に、取引先の部品、部材ごとに自社に与える影響を評価し、代替調達品、代替調達先の選定の迅速な判断に活用できます。

取引先(受注側)の課題と効果

課題   効果
  • 複数の発注元(納品先)からの類似の事業継続能力評価の対応が煩雑、かつ負荷が高い。
  • 災害等で被災した場合に、発注元からの復旧再開目処の問い合わせに対する回答が煩雑、かつ負荷が高い。
  • 事業継続能力の評価結果がフィードバックされるため、自社の事業継続を改善することができます。
  • 災害等の有事の際に、発注元からの復旧目処に対する回答の重複を軽減できます。

サービス内容 詳細はこちら

ご紹介動画・資料ダウンロードはこちら

サービス価格(税込)

価格:月額30万円より

サービス内容 詳細はこちら

ご紹介動画・資料ダウンロードはこちら

関連情報

事業継続(BCM)コンサルティング

関連記事