このページの本文へ移動

道路パトロール支援サービス

道路パトロール支援サービス スマートフォンとクラウドサービスを連携し道路の維持管理者をサポート

厳しい財政状況の中で、各自治体に求められる道路施設の予防保全的な維持管理へ向けて、簡単・便利な汎用機器とクラウドサービスの活用により、効率的に支援します。

(注)本サービスの実用化に関しては、岐阜大学との共同研究による成果を反映しております。

最新情報

道路の維持管理における課題

大量の管理道路

  • 限られた体制での道路パトロールと住民通報による現場確認作業により現場担当者の作業負荷が増大

点検頻度とコスト

  • 厳しい財政状況により、MCI等による路面性状評価への継続的な予算確保が難しくなってきている

PDCAの持続

  • 現場担当者の業務過多により、既往のマネジメントサイクルを持続することが難しくなってきている

(注)MCI : Maintenance Control Index

道路パトロール支援サービスの特徴

普段の業務

  • 業務を増やすのではなく、普段の業務を活用する

進化する汎用機器

  • 高価な専用機材ではなく、日々進化する汎用機器を活用

線から面

  • 道路全体をスクリーニングし、相対的評価で劣化箇所を抽出

道路パトロール支援サービス(スマートフォン版)の概要

道路パトロール支援サービスの概要イメージ

操作が簡単なスマートフォンと安心・安全なクラウドサービスにより、作業報告書作成の効率化と舗装状態の簡易診断情報を地図上で分かり易く表示

(注)富士通は、本サービスに関わる特許を2011年に出願済みです。

道路パトロール支援サービス(スマートフォン版)の主な提供機能

観察地点情報収集機能

観察地点情報収集機能を表した画面

スマートフォンが自動取得したGPS情報より、異常個所の確認地点を地図上へ自動的に表示します。

舗装劣化推定機能

舗装劣化推定機能を表した画面

スマートフォンの加速度センサー情報より、舗装の凸凹状態を地図上に簡易診断表示します。

(注)本サービスでは株式会社ゼンリンの地図を使用しています。

道路パトロール支援サービスの導入効果

点検作業の省力化

  • 点検データの登録・確認・比較分析・報告書作成を容易に実現

補修箇所の選定精度向上

  • 頻度よく収集した多くのデータによる道路全体のスクリーニングを実現

管理状況の継続的なモニタリング

  • 日々収集されるデータにより、道路資産をタイムリーかつ定量的に評価

道路パトロール支援サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)