このページの本文へ移動

FUJITSU ビジネスアプリケーション
ProcureMART 間接材調達支援サービス
特長

本サービスは、7つの提供価値を通じて、間接材調達業務の効率化、コストダウンを実現します。

サービスの7つの提供価値

1. 調達業務・取引の健全化(申請・承認による統制)
~承認対象の発生は漏れなく内容をチェックし、「無駄な支出を抑制する」~

申請・承認といったワークフローの導入を実現。記入ミス、承認漏れ、事後承認等の削減、伝票の管理・保管などの業務もなくなり、調達業務に掛かる業務工数の削減を図れます。

2. 購入品目の統制(お客様専用カタログ)
~購入する商品を社内で統一することで「無駄なものを買わせない」~

事前に商品を選定し、それらの商品をカタログに登録することができます。購入商品を限定することで、現場ごとの購入商品のバラツキがなくなり、コスト削減につながります。

3. 調達コストの統制(予算・実績の管理)
~購入予算の導入及び予算・実績管理により「コストを統制し、意識高める」~

部門毎に購入予算金額を設定することができます。発注者や管理者のコスト意識が高まり、購入量の削減や安価な商品の購入によるコスト削減が図れます。

4. 支出の一元管理(調達サイトの一本化で全調達見える化)
~ProcureMARTで登録・購入を行うことで「支出の一元管理が可能」~

発注代行サービスというオプションサービスを利用し、お客様固有の商品(お客様の名入れ包装紙など)を既存のサプライヤー様から購入できます。これにより、支出の一元管理を実現できます。

5. 都度見積の効率化と統制(見積業務の電子化)
~見積依頼から回答までのプロセスを電子化し「都度見積の工数削減と統制」~

紙による見積依頼、回答受領、注文までの一連のスポット調達業務を電子化することで、業務効率化を実現し、さらに属人的業務を見える化、複数社への見積申請によるコスト削減や履歴管理等により業務の統制が可能となります。

6. 支出の実績分析(予実一元管理レポート)
~様々な切り口による管理レポート「コスト削減活動につなげられる」~

運用開始後において、部門別の購入実績、商品カテゴリの購入実績、購入のタイミングなどの切り口から管理レポートをご提供することにより継続的なコスト削減活動のPDCAをサポートいたします。

7. 短期間での導入(SaaS型)
~利用範囲に応じて活用できるので「IT投資が最適化される」~

通常、システム導入には開発費用・期間がかかりますが、本サービスはSaaS型のため、安価で短期間での導入が可能です。

削減効果が試算可能!「WEB簡易効果診断」実施中!

お客様の間接材調達業務においての課題抽出や、ProcureMART間接材調達支援サービスを導入した場合の、削減効果試算などの「WEB簡易効果診断」を無料で実施しております。

WEB簡易効果診断はこちら

「WEB簡易効果診断」画面キャプチャー

SaaSに関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)