このページの本文へ移動

IoTデータ活用基盤サービス
FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform

富士通の「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(メタアーク)」は、最先端のICTと、お客様とともに培ってきたノウハウを結集したビジネス・プラットフォームです。
企業や業界の枠を”超えてつなぎ”、お客様のデジタル革新を実現します。
「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」は、MetaArcを構成する商品のひとつです。

IoT(Internet of Things)の時代を迎え、デバイスだけでなく、人、環境までもがネットワークで繋がり、集めたリアルデータを活用することで、新たな価値・ビジネスが生まれます。

人やモノからの多様なセンサーデータを収集・蓄積し、アプリケーションと連携したリアルタイムなイベント処理を実行するIoT専用のプラットフォームサービスです。
多様なデータ形式に対応するNoSQL-DBを採用し、豊富なクエリーやイベント処理を実行するAPIを提供します。

お客様は、IoTに必要な機能を自ら開発することなく利用でき、短期間にコストを抑えて、IoTを活用したビジネスを開発できます。

特長

  1. 大量データの高速処理/パフォーマンス最適化

    IoT Platformの「ダイナミックリソースコントローラー」機能により、センサーから収集した膨大なデータを安定してリアルタイムに処理することが可能です。 従来は、データをリアルタイムにクラウドに集約、またはデータ発生源に近いゲートウェイで処理をした後、結果のみをクラウドに集約するなどの方法がとられていたため、安定性とリアルタイム性の両立は困難でした。 「ダイナミックリソースコントローラー」機能は、ゲートウェイなど広域ネットワーク上に配置されたデータ処理を行う全てのリソースを自動的に制御することで、常に利用環境の変化に応じた最適なサービス実行状態を維持します。 これにより、大規模なIoTシステムにおける突発的な通信量の増加などIoT特有の課題に都度対処することなく、安定してリアルタイムなサービスを実現できます。 リソース制御に必要な専用アプリケーションは、当社ゲートウェイ製品に加え、ビジネスパートナーの製品、および各種スマートデバイスに順次対応していきます。

  2. 多様なセンサーやデバイスに対応

    従来のHTTP-RESTに加え、通信負荷やバッテリー消費の少ないIoT向けの軽量プロトコル「MQTT」を標準でサポートし、多様なセンサーやデバイスを活用できます。また、スキーマフリーのデータベースを採用しているため、センサーの追加や構成変更などに柔軟に対応できます。

  3. 収集データを複数企業で安全に活用

    専用ダッシュボードから、センサーデータのレコードへのアクセス権限を設定することができます。通常のディスクやファイル単位よりもさらにきめ細かいデータ管理により、セキュリティを確保しつつ、お客様のビジネス形態に応じたデータ活用ができます。

  4. ユビキタスウェア連携もサポート

    IoTパッケージ「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」(以下、ユビキタスウェア)のコアモジュールや、各種ミドルウェアとの連携機能を提供します。これによりユビキタスウェアが組み込まれた機器・デバイスからの生データを解析し、人の状態や位置情報などの結果データを本サービスへアップロードが可能となり、トラフィックとシステム構成を最適化できます。

活用例

  1. 工場データ収集・管理

    製造現場で発生する様々なセンシングデータと関連する製造装置ログや作業員情報などの相関関係が整理されたデータをクラウドに集約することで、現場をデジタルに可視化、生産ラインの滞留や停止の要因分析を簡易化できます。

  2. 作業現場の環境改善・安全性向上

    工場や建設現場で働く作業員の温度・湿度などの周囲環境や位置情報をモニタリング。データに基づく作業環境の改善によるパフォーマンス向上や危険な場所・禁止区域への立ち入りの防止などにつなげることができます。

  3. 動線把握による消費行動分析

    商業施設・店舗に訪れたお客様の位置をリアルタイムに正確に把握することで、来店状況や店内での動線を把握し、既存POSの購買データなどと組み合わせることで消費行動分析/レイアウトの最適化などにつなげることができます。

  4. 災害の早期検出・対策

    カメラ画像や水位情報により河川の状況をモニタリング。「ダイナミックリソースコントローラー」機能により、現場の変化に応じた適切な画像データ処理が行えます。トラフィックやクラウドのリソースを抑えた導入が可能で、安心安全な街づくりにつながります。

機能

1. 管理機能

お客様管理者向けのダッシュボードを提供します。

管理項目
管理項目 内容
アカウント お客様内のダッシュボード利用のためのアカウントの作成・削除
パスワードの再発行
リソース データを格納するリソースの作成/変更/削除、一括登録
リソース一覧の表示/検索/ダウンロード
アクセスコード リソースに対するデータの登録権/参照権を付与するアクセスコードの作成/変更/削除、一括登録
アクセスコード一覧の表示/検索/ダウンロード
イベント イベントの作成/変更/削除
イベント一覧の表示/検索
ログ お客様ダッシュボードの操作履歴の表示/検索/ダウンロード
日時の利用実績のログファイルダウンロード
利用実績 月次の利用実績サマリの参照
月次の利用実績の画面表示
動作条件
対応OS ブラウザ 備考
Windows 7/8/8.1 Internet Explorer 11(注) エンタープライズモード/エッジモードでの動作未保証
Android 4.4 Google Chrome -

(注)保護拡張モード有効時

2. API

リソースに対する操作(データ登録/参照など)がおこなえるHTTP RESTおよびMQTTプロトコルに対応したAPIを提供します。
リソースに対する操作の権限は、アクセスコードをAPIに組み込むことによって実現します。

3. イベント機能

リソース内のデータに対して検出条件の設定、および、検出時のアクション(API起動アクション/E-mail通知アクション)を設定できるイベント機能を提供します。

IoT Platform Ready Program

IoT Platformと接続・動作検証済みのパートナー企業製品を紹介します

関連リンク

FUJITSU Knowledge Integration

FUJITSU Knowledge Integration

富士通は、これまで蓄積してきたナレッジや、お客様のナレッジを核としたデジタル時代のインテグレーションを提供します。SoRとSoEを包含し、お客様とのコラボレーションを可能とするプラットフォーム上で新たなインテグレーションを実現します。

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)