このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. クラウド・コンピューティング >
  4. FUJITSU Cloud Service K5 >
  5. デジタルシフトを支えるこれからのクラウドとは

デジタルシフトを支えるこれからのクラウドとは

「クラウドファースト」の考え方が当たり前になり、実際の活用も広がっているパブリッククラウド。
しかしこれに伴い、パブリッククラウドが抱える課題も顕在化してきた。そのため基幹系システムのクラウド化を躊躇する企業も少なくない。
それでは今後安心してクラウドシフトを進めていくには、どうすればよいのだろうか。具体的な処方箋を提示したい。

New

  • New

    Vol.6

    これからのクラウド連携の考え方
    ハイブリッドクラウドのあるべき姿とは

    デジタルビジネスの拡大に伴い、ガートナーが提唱する「バイモーダル」というコンセプトが大きな注目を集めている。そのための基盤となるハイブリッドクラウドとはどのようなものか。

Contents

  • Vol.1

    デジタルシフトを支えるこれからのシステムの方向性~徹底してお客様志向にこだわるクラウドとは~

    基幹系システムのクラウド化を躊躇する企業も少なくない。
    今後安心してクラウドシフトを進めていくには、どうすればよいのだろうか。

  • Vol.2

    グローバル化に求められるICTの対応策
    スピーディーな海外展開を支えるクラウドとは

    急速な勢いで拡大し続けている日本企業の海外進出。
    グローバル企業のICTシステムが満たすべき要件やその具体的な実現方法を紹介する。

  • Vol.3

    富士通の全社システムクラウド化への挑戦
    パブリッククラウドをベースとしたICT基盤とは

    初期コストの抑制や導入期間の短縮、運用負担の軽減などの実現に向け、全社システムのクラウド化を進めている富士通の取り組みとは。

  • Vol.4

    基幹系システムのクラウド移行の最適解
    エンタープライズのニーズに応えるIaaSとは

    SAP HANAやOracle Databaseのように、十分な性能を引き出すために物理サーバ上で動かす必要があるシステムをクラウド化したクラウドサービスとは。

  • Vol.5

    デジタルビジネスの早期立上げに向けた有効策
    さまざまなPaaSを提供するクラウドとは

    現状は「PaaSは難しい」と考えているエンジニアは多いようだ。PaaSのポテンシャルを効果的に引き出すためには、どのようなアプローチが必要なのだろうか。

  • New

    -

    Vol.6

    これからのクラウド連携の考え方
    ハイブリッドクラウドのあるべき姿とは

    デジタルビジネスの拡大に伴い、ガートナーが提唱する「バイモーダル」というコンセプトが大きな注目を集めている。そのための基盤となるハイブリッドクラウドとはどのようなものか。

FUJITSU Cloud Service K5に関するお問い合わせ

0120-933-200富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

Japan

国・地域を変更

ページの先頭へ