このページの本文へ移動

FUJITSU Cloud Service S5
さまざまなサーバスペック/OS種類を用意

仮想マシン

使用する仮想マシンの台数、CPUの性能、メモリの容量を用途に合わせて選択できます。
また、利用状況に応じてタイプの変更を柔軟に行うことができます。

マシンスペック1vCPU~8vCPC、小規模Webサーバ、動作検証用サーバ、中規模Webサーバ、業務系サーバ、DBサーバなど、全8種類(エコノミータイプ、スタンダードタイプ、アドバンストタイプ、ハイパフォーマンスタイプ、ダブル・ハイタイプ15、ダブル・ハイタイプ、クアッド・ハイタイプ30、クアッド・ハイタイプ)の仮想マシンを用途に応じてご自由に選択可能&変更可能です。

(注) 1システムにつき仮想マシンと負荷分散装置をあわせて最大20台まで作成可能です。

(注) 仮想マシンタイプの変更時には仮想マシンを停止する必要があります。

  CPU メモリ
ミニ 0.5GHz相当 ✕ 1vCPU 1.7GB
エコノミー 1.0GHz相当 ✕ 1vCPU 1.7GB
スタンダード 2.0GHz相当 ✕ 1vCPU 3.4GB
スタンダード7 2.0GHz相当 ✕ 1vCPU 7.5G
スタンダード15 2.0GHz相当 ✕ 1vCPU 15GB
スタンダード30 2.0GHz相当 ✕ 1vCPU 30GB
アドバンスト3 4.0GHz相当 ✕ 1vCPU 3.4GB
アドバンスト 4.0GHz相当 ✕ 1vCPU 7.5GB
アドバンスト15 4.0GHz相当 ✕ 1vCPU 15GB
アドバンスト30 4.0GHz相当 ✕ 1vCPU 30GB
ハイパフォーマンス3 4.0GHz相当 ✕ 2vCPU 3.4GB
ハイパフォーマンス7 4.0GHz相当 ✕ 2vCPU 7.5GB
ハイパフォーマンス 4.0GHz相当 ✕ 2vCPU 15GB
ダブル・ハイ7 4.0GHz相当 ✕ 4vCPU 7.5GB
ダブル・ハイ15 4.0GHz相当 ✕ 4vCPU 15GB
ダブル・ハイ 4.0GHz相当 ✕ 4vCPU 30GB
クアッド・ハイ15 4.0GHz相当 ✕ 8vCPU 15GB
クアッド・ハイ30 4.0GHz相当 ✕ 8vCPU 30GB
クアッド・ハイ  4.0GHz相当 ✕ 8vCPU 60GB

OS/システムディスク

仮想マシンの搭載OSをWindows系、Linux系から選択できます。
Windows Server仮想マシン、Red Hat Enterprise Linux仮想マシンには、デフォルトでシマンテック社製ウイルス対策ソフトウェアを搭載し、ウイルス対策機能を標準機能としてご提供します。
また標準でOSパッチ配付機能、時刻同期(NTP)機能を提供します。

OS名 サポート システム
ディスク
Windows Microsoft Windows Server 2012 SE 64bit 日本語版 なし
/24時間365日
80GB
Microsoft Windows Server 2012 R2 SE 64bit 日本語版
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 SE 64bit 日本語版 40GB
Microsoft Windows Server 2008 SE 32bit 日本語版
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 EE 64bit 日本語版
Red Hat Enterprise Linux Red Hat Enterprise Linux 5.7 32/64bit 日本語版 平日8時30分~19時
/24時間365日
40GB
Red Hat Enterprise Linux 5.8 32/64bit 日本語版
Red Hat Enterprise Linux 5.10 64bit 日本語版
Red Hat Enterprise Linux 6.2 32/64bit 日本語版
Red Hat Enterprise Linux 6.3 32/64bit 日本語版
Red Hat Enterprise Linux 6.5 64bit 日本語版
Cent OS Cent OS 5.9 32/64bit 英語版 なし 10GB
Cent OS 5.11 32/64bit 英語版
Cent OS 6.4 32/64bit 英語版
Cent OS 6.6 32/64bit 英語版
Ubuntu Ubuntu Server 14LTS(64bit) なし 10GB

(注) 搭載OSの種類によって、システムディスク領域が異なります。
Windows Serverは通常40GBのシステムディスク領域ですが、Microsoft Windows Server 2012 Standard 64bit 日本語版、 Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard 64bit 日本語版は80GBのシステムディスク領域となります。
なお、OSはシステムディスクにあらかじめインストールされた状態で提供します。記憶容量はOSインストール前の容量です。
データ用のディスクは増設ディスクをご利用ください。

(注) シマンテック社製ウイルス対策ソフトウェアは、Window Server仮想マシンの場合はSymantec Endpoint Protection、Red Hat Enterprise Linux仮想マシンの場合はSymantec Antivirus for Linuxとなります。

(注) OSパッチ配付機能は、Windowsアップデート用のWSUSサーバやLinuxOSアップデート用のyumリポジトリサーバへのアクセスを提供します。

(注)Linux 32bitイメージで利用可能なメモリサイズは16GBまでになります。メモリ16GB以上の仮想マシンタイプを利用する場合は、Linux 64bitイメージをご利用ください。

S5

S5に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

ご検討サポート・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)