このページの本文へ移動

FUJITSU Cloud Service S5
新機能・新サービス情報

機能追加や新サービスの提供、改善情報をお知らせするエンハンス情報を掲載しています。

2015年

11月28日

  • 仮想マシンタイプのラインナップ追加について
    これまで提供してきた仮想マシンタイプ8 種類(エコノミー~クワッドハイ)に加えて、新たに11 種類の仮想マシンタイプを提供します。これにより、これまで以上にお客様のシステム要件に合わせた仮想マシンのサイジングができるようになります。
  • 仮想マシンエクスポート機能の新規提供
    新たに、仮想マシンイメージをエクスポートできる機能を追加致します。仮想マシンインポート機能を使用してオンプレミス環境からS5 環境にインポートしたVMware の仮想マシンイメージをS5 上からエクスポートすることができます。また、東日本リージョンからエクスポートした仮想マシンイメージを西日本リージョンにインポートすることで、リージョン間の複製が容易に可能となります(西日本から東日本も同様に可能です)。

6月19日

5月29日

1月17日

  • 仮想マシンインポート機能の強化
    従来より提供している「仮想マシンインポート機能」について、インポート可能なOSを追加し、インポート作業もお客様ご自身でサービスポータルから実施いただけるよう機能強化しました。
    お客様がご自身でvSphereやRORで作成したVMware形式の仮想マシンイメージを、S5環境へインポートすることができます。
  • Ubuntu Server 14LTS(64bit)を新規提供開始

2014年

9月27日

  • モバイルインターネットVPN機能
    モバイルインターネットVPN機能により、オンプレミス環境にIPsecVPN対応のネットワーク機器を用意することなく、PC、スマートフォン、タブレット等のクライアント端末でスピーディにIPsecVPN通信ができます。
  • ハブ&スポーク機能
    拠点間、および拠点とモバイル端末間とのIPsecVPN通信を実現し、社内ネットワークを簡単に構築できます。また、お客様の企業内システムと富士通のパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウド環境を簡単に構築することができます。

6月30日

5月24日

  • ファイアーウォールおよび負荷分散サービスの二重化
    ファイアーウォールの二重化が可能なファイアーウォール二重化サービスを提供開始します。従来のファイアーウォールサービスのみをご利用の場合、障害時に5~10分程度の通信断が発生する場合がありますが、本サービスを利用することにより、10~20秒程度に短縮することができます。
  • ファイアーウォールサービス ターボ
    従来のファイアーウォールより高性能なファイアーウォールサービス ターボを提供開始します。従来のファイアーウォールの転送速度、スループットを上げたい場合にご利用いただけます。
  • 仮想NIC追加サービス
    今回最大7枚の仮想NICを追加できる仮想NIC追加サービスを提供開始します。複数仮想NICが前提のシステムも構築可能になります。また、用途によりLANを分けることで、より効率的な通信を行うこともできます。
  • データ領域スナップショット用ディスクサービス
    増設ディスクに対し、無停止でスナップショット(バックアップ)を採取することができます。

1月18日

2013年

10月26日

7月20日

S5

S5に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

ご検討サポート・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)