このページの本文へ移動

FUJITSU Cloud Service ADFS on A5。Microsoft Office365へのシングルサインオンをクラウドサービスで実現。利用者はシングルサインオンにより、利便性が向上。管理者はアクセス制御を一元管理でき、資産を持たないため運用不可が軽減。お客様の災害時でもOffice365へのアクセスが可能。国内最大級のOffice365販売実績!

サービス概要

「FUJITSU Cloud Service ADFS on A5」は、お客様環境内のActiveDirectory(以下、お客様ADDS)と連携してOffice365へのシングルサインオン環境を実現するActive Directory フェデレーションサービス (以下、ADFS)機能をクラウド上から提供するサービスです。本サービスでは、ADFSサーバを「FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure」上に構築することで、お客様は資産を持つことなく、安価なコストで環境構築~運用を実現できます。

(注)ADFSとはActive Directory フェデレーション サービス の略で、Microsoftが開発したID アクセス ソリューションの 1 つです。ADFSにより、オンプレミスで運用しているActive Directory の認証でクラウドの認証も行えます。

  • 接続元IPアドレスによるアクセス制御を行います。
  • 接続元IPアドレス以外の情報でのアクセス制御を行うことも可能です。(オプション)
  • システム管理者はお客様ADFSサーバの管理をしなくて良いので、運用負荷の軽減が可能となります。

サービス開始までの流れ

「ADFS on A5」は、Office 365への統合認証・アクセス制御を実現するサービスを環境構築から運用・保守までワンストップで提供します。

(注)お客様側のVPN設定はお客様作業となります。

サポート体制

  • 本サービスに関する仕様または操作方法に関する質問、本サービスが正常に動作しない場合のお問い合わせについて、契約者の窓口担当からE-Mailにて受付します。
  • 本サービスに関するメンテナンスやトラブル等について、当社サービスデスクから契約者の窓口担当者へE-Mailにて通知します。

サービスの特長

クラウドサービスの活用により、お客様のTCOを削減

  • お客様設置のサーバが不要なため、ハードウェア保守切れによるリプレース費用を考慮する必要なし
  • 初期コストを抑え、短期間(最短1ヶ月)での導入が可能
  • トラブルや障害時、日々の運用におけるお客様の運用管理工数を低減

セキュリティの強化

  • アクセス制御(IPアドレス制御等)により、セキュリティを高めた運用が可能

導入~運用までトータルサポート

  • Microsoft Azureを熟知している富士通ならではの万全サポート
  • お問い合わせは24時間365日受付可能(注)

    (注)受付はE-Mailのみとなります。回答は月曜日から金曜日(祝日および当社が指定する休業日を除く)の9時-17時となります。

価格表

サービス名称 料金 単価 作業概要
導入サービス 初期費用 1,800,000円 お客様からヒアリングした結果を元に、サービス環境構築を実施
お客様環境のAD情報とADFSサーバを同期
運用サービス 月額 250,000円~ 監視、更新プログラムの適用、接続元IPアドレスによるアクセス制御設定の実施
教育サービス オプション 150,000円 システム管理者に対し、運用手引書を元に運用に関する説明をお客様先訪問の上実施(半日/1回)
アクセス制御クレームルール設定サービス オプション 150,000円~ 接続元IPアドレスによるアクセス制限以外のクレームルール(アプリケーション,ADのセキュリティグループ等)を設定
パスワードライトバック設定サービス オプション 100,000円 Office365でパスワードをリセットした際に、お客様環境のADにリセットしたパスワードが同期される様、パスワードライトバック機能の設定を有効化

カタログ資料

FUJITSU Cloud Service ADFS on A5に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)