このページの本文へ移動

[用語]プライベートクラウド

用語解説

不特定多数が共同利用できるパブリック・クラウドに対し、専用のクラウド環境を構築し、利用する形態。

パブリック・クラウド上では管理できないシステムがあるなど、自社内でシステムを保有・運用したい場合に、仮想化標準化自動化などのクラウド技術を使用して、サーバやストレージ、OSなどのICTリソースを効率的に割り当てたり、共有したりできるのがプライベートクラウドである。

「プライベートクラウド」の目的は、グループ企業・部門毎にICTリソースを提供するのではなく、準備したICTリソースを各グループ企業や部門内に限定して提供し、ICT関連コストを減らそうという考えに基づくものである。

パブリック・クラウド(共有環境のサービスを活用)、プライベートクラウド(専用環境でシステムを構築)、既存ICTシステム(従来通り、個別インフラを構築・運用)。これらを組み合わせて構成されたハイブリッド・クラウド


クラウド・コンピューティングに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

ご検討サポート・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)