このページの本文へ移動


クラウド導入事例 大興水産株式会社様

FGCP/A5 Powered by Windows Azure クラウド導入事例、大興水産株式会社様 導入事例。基幹システム、スピーディー。

震災を機に、倉庫管理パッケージをクラウド用にカスタマイズし、基幹システムをスピーディーに復旧

従来メインフレームで運用していた倉庫管理システムが東日本大震災により流失。その再構築にあたり、クラウド型サービスFGCP/A5 Powered by Windows Azure(以下、FGCP/A5)を採用。業務パッケージとして『WebSERVE/物流統合ソリューション(倉庫管理)ver.冷凍・冷蔵』を適用することで、基幹システムの早期復旧に加え、オープン化対応、業務の効率化を実現しました。

「FGCP/A5 Powered by Windows Azure™」は、「FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure」へ名称変更しました。
[ 2013年3月29日掲載 ]

【導入事例概要】
業種: 水産食料品製造業
導入サービス: FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure (旧名称:FGCP/A5 Powered by Windows Azure™)
WebSERVE/物流統合ソリューション(倉庫管理)ver.冷凍・冷蔵

 導入の背景  導入のポイント  導入の効果

【課題と効果】
1 震災で流失した基幹システムの早期復旧 業務にマッチしたパッケージの適用で、スピーディーに基幹システムを再構築。オープン化にも対応
2 手書き書類を減らし、業務を効率化したい 事務処理のICT化で、担当者の負担を大幅に軽減

[サービスイメージ]クラウド型サービスFGCP/A5に業務パッケージ『WebSERVE/物流統合ソリューション(倉庫管理)ver.冷凍・冷蔵』を適用させることで、業務(入庫・出庫・在庫管理)、月次業務(売上、請求処理)の情報管理および各種情報の抽出が可能に。事務処理のICT化で業務の効率化を実現。

導入の背景

震災で流出した基幹システムの早期復旧が課題

大興水産株式会社様は、宮城県石巻市に本社を置き、水産加工品の製造販売を手がけています。東日本大震災で被災し、メインフレームで運用していた倉庫管理(入出庫・在庫管理)システムがハードごと流出、システムの再構築が急務となっていました。また、システムの再構築にあたっては、これまで手書きだった作業の負荷を減らし作業効率化を図りたい、復興が進み取扱い量が増えた時にすぐに対応できるよう早期に事業を再開したい、そのためには冷凍・冷蔵業に特化した機能を備えたパッケージを採用したいというお客様の思いがありました。

そこで富士通システムズ・イーストが、業務パッケージ『WebSERVE/物流統合ソリューション(倉庫管理)ver.冷凍・冷蔵』によるクラウド型システムを提案。FGCP/A5を利用した基幹業務システムの早期構築・稼働をサポートしました。

導入のポイント

物流・倉庫管理業務を熟知したSEがシステム構築をサポート

富士通システムズ・イーストの担当SEが、物流や倉庫管理に関する業務を熟知していたため、お客様の要望・信頼に応える最適なソリューションをご提案できました。

加えて、ご提案パッケージはFGCP/A5上での動作検証済みであり、短期間でのシステム導入が保証できることも採用いただくポイントとなりました。

導入の効果

オープン化対応、業務の効率化を実現

『WebSERVE/物流統合ソリューション(倉庫管理)ver.冷凍・冷蔵』は、取扱い品目(食肉、水産物、冷凍食品等)に適した業務特化型パッケージであること、また入出庫・在庫管理業務から請求業務までを網羅する機能を備えていることにより、短期間での導入が可能となりました。

また、メインフレームで運用していた基幹システムをFGCP/A5に移行することで、オープン化を実現。Windowsフォームによるセキュリティ面の強化やクラウド化によるサーバ運用負荷の軽減を併せて実現しました。

担当SIerの声

株式会社富士通システムズ・イースト
第二流通ソリューション本部 卸・運輸事業部 第一運輸ソリューション部

今回、お客様の早急な業務再開を目指し、クラウド化と業務パッケージの組み合わせによるご提案をさせていただきました。
また、Windowsフォームを利用したセキュリティ面の強化を行うとともに、クラウド活用により専用回線などのメンテナンスが不要となるため、運用コスト削減につながる提案をしました。
業務特化型パッケージの適用により、お客様の冷蔵倉庫業務に最適な機能を短期間で提供するだけでなく、FGCP/A5上での動作検証をすでにクリアしていることから、ハード導入に関してもスピーディーな対応が可能となりました。
今後は、『WebSERVE/物流統合ソリューション(倉庫管理)ver.冷凍・冷蔵』をSaaS環境での提供ができるよう、機能の充実化に取り組んでいきたいと考えております。

【大興水産株式会社様 会社概要】
本社所在地 宮城県石巻市魚町二丁目6番地8
創業 1970年
代表取締役社長 大塚 敏夫
従業員数 43名
業務内容 水産加工品の製造販売(生鮮魚貝、塩乾、冷凍食品)
ホームページ 大興水産株式会社様 ホームページ新規ウィンドウが開きます

ご紹介したサービス

  • FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure (旧名称:FUJITSU Cloud IaaS A5 for Microsoft Azure)

    「A5 for Microsoft Azure」はマイクロソフト社の「Microsofot Azure」の最新機能をご提供。富士通独自のサポートサービスもご利用いただけます。

  • WebSERVE/物流統合ソリューション(倉庫管理)ver.冷凍・冷蔵

    複数荷主、複数倉庫(拠点)の在庫管理が可能なスマートクライアント型倉庫管理ソリューションです。中でも冷凍・冷蔵バージョンは、冷凍・冷蔵倉庫業務に特化した機能を備えるパッケージです。

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

ご検討サポート・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。