このページの本文へ移動


クラウド導入事例 株式会社建築資料研究社様

Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5 クラウド導入事例、株式会社建築資料研究社様 導入事例。Webサイト/ポータル、事業継続(バックアップ)、スピーディー、短期利用。

年1回の資格試験採点サービスのバックアップ環境をわずか2日でクラウド上に構築、計画停電によるサービス停止のリスクを回避

年1回実施される資格試験向けWeb採点サービスのシステム基盤をFujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5(以下、FGCP/S5)上に展開。SQL Serverのミラーリング注1を利用し、東日本大震災後の計画停電に備えたバックアップ環境をわずか2日の作業で構築することができました。

「Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5」は、「FUJITSU Cloud Service S5」へ名称変更しました。
[ 2013年3月29日掲載 ]

【導入事例概要】
業種: 文教
導入サービス: FUJITSU Cloud Service S5 (旧名称:Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5)

 導入の背景  導入のポイント  導入の効果

【課題と効果】
1 計画停電に備え、資格試験時に提供している年1回の採点サービスのバックアップ基盤を早急に整備したい お客様先設置システムと同一環境をクラウド上に展開し、万一の場合にもサービス継続が可能な体制をスピーディーに構築
2 アクセス集中やトラフィック量の増大による利用者のアクセス機会損失を回避したい 予測不能な需要変動に対する、柔軟なシステムを実現

[サービスイメージ]FGCP/S5を利用して、お客様先設置システムと同一の環境をクラウド上に展開。停電時、採点サービス利用者が入力した情報は、FGCP/S5本番系Web/APサーバからお客様の本番系DBサーバにデータが送られる。また、お客様の本番系サーバとクラウド上の待機系DBサーバをSQLでミラーリングし、システムの二重化を実現。

導入の背景

計画停電に備え、サービス提供基盤の強化が急務

株式会社建築資料研究社様は、建築関連の資格取得者を支援する日建学院を全国展開するほか、建築・建設に関する書籍の出版、ハード・ソフトの販売を行っています。

毎年7月に実施される建築士関連の学科試験に際し、日建学院では受講生にWeb採点サービスを提供していますが、2011年3月の東日本大震災後、計画停電の影響によるサービス停止が懸念されていました。同年の試験まで4ヶ月しかなく、万一の停電にも受講生に確実にサービスが提供できるよう、早急に対策を講じる必要がありました。

導入のポイント

FGCP/S5ならではのスピード感、安心感

電力需要が逼迫する夏場に実施される建築士試験。輪番停電がなされており、本番の試験用サーバはオンサイトに設置。いつ停電でサービスが停止するかもしれないという危機感のもと、本番まで時間がない中、システム構築のスピード感が重視されました。そのため、専用ポータルから自社と同様のシステムをスピーディーに展開できるFGCP/S5の利便性、そして免震/耐震構造ビルに、自家発電装置などを完備した富士通データセンターの万全な災害対策設備が導入の決め手になりました。

また、検討段階における技術的な相談に対する富士通担当者の対応品質の高さも評価いただきました。

導入の効果

万一の場合にも止まらないサービス提供基盤を短期かつ容易に実現

システムの構成は、予測できない急激なアクセス増加にも柔軟な対応ができるよう、クラウド環境上に本番用Web/APサーバを設置。また、お客様側の本番用DBサーバとクラウド上の待機系DBサーバをSQLでミラーリングし、システムの二重化を実現しました。さらに待機用Webサーバをお客様側に設置し、万一の場合にも止まらないサービス基盤が整備されました。

導入検討から運用開始まで約2週間、しかもクラウドへの展開は物理サーバ環境と変わらないスキルで、担当者一人がテストから稼働までをわずか2日間で完了。目前に迫った計画停電に備えることができました。

サービスを提供するのは試験後の限られた期間のため、従量課金制のFGCP/S5なら未使用時には費用がかからず、ランニングコストも抑えながら年一回のWeb採点サービスを停止することなく実施する事ができました。

【株式会社建築資料研究社様 会社概要】
本社所在地 東京都豊島区池袋2-50-1
創業 1969年
理事長 馬場 栄一
従業員数 1,450名(グループ企業含む)
業務内容 建築・建設関連の資格取得を支援する講座展開及び、書籍等の販売
ホームページ 株式会社建築資料研究社様 ホームページ新規ウィンドウが開きます

ご紹介したサービス

  • FUJITSU Cloud Service S5 (旧名称:Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5)

    富士通のデータセンター内にあらかじめ設置した仮想リソース群より、お客様専用の仮想プラットフォーム環境を必要な時に必要な分だけ提供。お客様のビジネスに対応したアプリケーション開発、運用する環境をタイムリーに低コストで構築することができます。

用語解説

注1:ミラーリング
データの複製を他の場所でリアルタイムで保存する技術。障害により片方のデータが失われてももう一方のデータをバックアップとして利用できる。

S5に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

ご検討サポート・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。