このページの本文へ移動


クラウド導入事例 学校法人河合塾様

Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5 クラウド導入事例、学校法人 河合塾様 導入事例。Webサイト/ポータル、事業継続(バックアップ)、コストダウン、ピーク対応。

パブリック型クラウドで、需要変動にも柔軟に対応できる高信頼なサービス基盤をスピード構築

「Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5(以下、FGCP/S5)」を利用し、大学入試シーズンのみ提供するサービス基盤を1ヶ月でスピード構築。運用・管理の効率化、事業継続性の強化を図ると同時に、レンタルサーバ利用時に比べ、トータル運用コストを22%削減しました。

「Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5」は、「FUJITSU Cloud Service S5」へ名称変更しました。
[ 2013年3月29日掲載 ]

【導入事例概要】
業種: 文教(予備校・学習塾)
導入サービス: FUJITSU Cloud Service S5 (旧名称:Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5)

 導入の背景  導入のポイント  導入の効果

【課題と効果】
1 大学入試の時期だけ使用するシステムの運用コストを削減したい 従量課金制のFGCP/S5利用でトータル運用コストを22%削減
2 短期間に集中するアクセスにも対応可能な安定したサービスの提供 アクセスに応じてリソースの増減が柔軟かつスピーディーに可能
3 東日本大震災を機に、事業継続の観点から運用基盤を見直し 富士通データセンターの高信頼かつセキュアな環境を利用可能

[サービスイメージ]受験生から自己採点結果が入力されると、河合塾様の模試成績処理システムにより志望大学の合格可能性判定・合格可能性の高い大学を抽出。必要な各種マスタがFGCP/S5に転送され、大学合格可能性判断システムを通じ受験生が判定結果を閲覧できる仕組み。

導入の背景

期間限定で運用するシステムのコスト削減と事業継続対策の強化が課題

学校法人河合塾様(以下河合塾様)は、大学入試センター試験を受験した塾生向けに、自己採点データで合格可能性を判定するサービスをインターネットで提供しています。このサービスは、大学入試センター試験の3日後から3月末日まで期間限定で提供されており、ピーク時には約700万ページビュー/日にものぼる大量のアクセスがあります。

従来、河合塾様ではこのサービスのために、毎年センター試験の時期にレンタルサーバ30台を名古屋市内のデータセンターと東京都内の拠点に設置、システム環境を構築し、期間終了後は、システムを退避してレンタルサーバを返却していました。また、このシステム構築には機器の手配なども含め、3カ月を要していました。

東日本大震災を機に、事業継続の観点から運用基盤の見直すとともに、短期提供のサービスであることから運用・管理の効率化、およびICT投資の最適化を図るため、クラウドの利用を検討されました。

導入のポイント

スポット利用に最適な従量課金制

サービス提供期間中、利用者からのアクセスがもっとも集中するのがセンター試験後の1週間といいます。「FGCP/S5」なら、負荷に応じたリソースの増減を柔軟かつスピーディーに配分可能です。また、富士通データセンターの高信頼かつセキュアな環境にシステム基盤を置くことで、万一のときにもサービスが停止することなく、事業継続対策の強化につながること、そして使った分だけの従量課金制により、レンタルサーバ利用に比べて、適切な費用対効果が期待できることなどが導入のポイントになりました。

導入の効果

無駄を排除し、トータル運用コストを22%削減

短期間で構築可能なパブリック型クラウドを選択したことによって、需要変動に柔軟な対応ができるサービス基盤を受注からわずか1ヶ月でスピード構築。使った分だけの従量課金制のメリットも最大限発揮され、トータル運用コストが22%削減されました。レンタルサーバを一時的に保有するスペースやリソースを確保する必要がなくなったこともコスト削減につながっています。

運用面では、FGCP/S5のポータルサイトからシステムの構築・変更はもちろん、稼働状況のモニタリング、仮想マシンの起動・停止、バックアップ・リストアなどがリモート操作で簡単にできるようになりました。

さらに、FGCP/S5は、企業の基幹システムでの利用にも耐えうる高い信頼性と事業継続性を確保しているため、災害対策とセキュリティの強化が実現され、サービス利用者にとってもより安心安全なシステムに刷新されました。

【学校法人河合塾様 会社概要】
本社所在地 愛知県名古屋市千種区今池2-1-10
創業 1933年
理事長 河合 弘登
従業員数 2,664名(2011年)
年商 473億(2012年)
業務内容 大学や研究機関の知見をも取り入れた独自性の高い「教育の研究・開発(R&D)」を基盤に、幼児から社会人までを対象とする「教育事業」、および高校・大学・企業等法人を対象とする「教育活動支援事業」を全国展開
ホームページ 学校法人河合塾様 ホームページ新規ウィンドウが開きます

ご紹介したサービス

  • FUJITSU Cloud Service S5 (旧名称:Fujitsu Global Cloud Platform FGCP/S5)

    富士通のデータセンター内にあらかじめ設置した仮想リソース群より、お客様専用の仮想プラットフォーム環境を必要な時に必要な分だけ提供。お客様のビジネスに対応したアプリケーション開発、運用する環境をタイムリーに低コストで構築することができます。

S5に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

ご検討サポート・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。