このページの本文へ移動


クラウド導入事例 株式会社アカセ様

FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure クラウド導入事例、株式会社アカセ様 導入事例。SIビジネス基盤、負荷軽減、コストダウン、スモールスタート。

エンドユーザー向けソフトウェアの自動アップデート化にクラウドを利用
ソフトウェア改版の大幅な省力化とコスト削減を実現

頻繁に改版が必要なレセプトソフトウェア()のアップデート版の提供を手間やコストのかかるCD配布から、クラウド利用により自動化。急な法改正にも迅速な対応が可能となっただけでなく、大幅な省力化とコスト削減、利便性向上を実現しました。

「FUJITSU Cloud A5 for Microsoft Azure」は、
「FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure」へ名称変更しました。
[ 2014年8月22日掲載 ]

【導入事例概要】
種別: PaaS
導入サービス: FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure
(旧名称:FUJITSU Cloud A5 for Microsoft Azure)
業種: 情報産業

 導入の背景  導入のポイント  導入効果と今後の展開

【課題と効果】
1 エンドユーザー向けソフトウェアのサポートにかかる手間やコストを削減したい アップデート作業をクラウド利用で自動化し、CD配布にかかる諸経費を大幅に削減
急な料金改定があっても、即座にアップデート版を提供できるようになり、エンドユーザーの利便性が向上
2 エンドユーザーへ提供している業務管理システムのサーバ運用負荷、コストを削減したい データベースをクラウドに移行することで、新たにサーバを購入することなく低コストかつパフォーマンスを向上。サーバ管理の負荷も軽減
トラブル対応もネットワーク経由でスピーディーに行えるように

導入の背景

自社開発したソフトウェアのアップデート作業を省力化するためにクラウド利用を検討

株式会社アカセ様(以下、アカセ様)は、SIerとしてシステム開発全般に関する業務を手がけています。また、自社製品の開発にも積極的に取り組み、そのひとつとして、エンドユーザー向けのレセプトソフトウェアを提供、平成18年の販売開始以来、全国800ユーザーに利用されています。

レセプトソフトウェアは、厚生労働省による料金改定が行われるたびに改版が必要で、その都度ユーザーにアップデート用CDを配布していました。その手間とコストを削減するため、また配布のスピードアップを図るため、インターネットを使った自動アップデート機能を追加したいとお考えでした。

「Windows XPのサポート終了に伴い、VB6といった言語もサポート対象外になることから、.NETでソフトウェアを作り直し、オンライン自動アップデート機能を盛り込めればと思い、そのシステム基盤としてクラウド利用の検討を開始しました。」(磯野氏)

株式会社アカセ ソフトウェア事業部 磯野 洵 氏の写真
磯野 洵
株式会社アカセ
ソフトウェア事業部

導入のポイント

実機体験セミナーに参加し、運用イメージを実感

「昨今、ICT業界ではクラウドがトレンドになっているので、まずは使ってみたいという気持ちが強くありました。クラウドを利用するにあたっては、.NETなどの既存資産・スキルを活かせること、プライバシーマークを取得しているので、情報管理の観点から国内データセンターであることが必須条件でした。各社のサービスを検討した後、富士通の無料実機体験セミナーに参加してみて、これならすぐに使えると実感し、導入を決めました。クラウドの導入を検討しているなら、こういったハンズオンセミナーにはぜひ参加されることをお薦めしますね。運用イメージを明確につかめます。」(網澤氏)

また、PaaSならサーバ管理の必要がなく、運用面・セキュリティ面で安心感があることに加え、必要なリソースだけを使える手軽さが、選択のポイントとなりました。

株式会社アカセ 代表取締役 網澤 勝 氏の写真
網澤 勝
株式会社アカセ
代表取締役

「富士通が提供する基盤を利用すれば、万全のセキュリティ対策があらかじめ用意されていますし、サーバメンテナンスの手間もかかりません。担当者としては、ハードに余分な神経を使わずに済み、開発に専念できます。細かなチューニングが必要ならIaaSですが、今回のレセプトソフトウェアは、それほど複雑な機能を搭載するものではなかったので、PaaSにしました。」(磯野氏)

導入効果と今後の展開

運用面、コスト面でクラウド利用に手応え

まずは、あるエンドユーザー向けに提供している業務管理システムのデータベース部分(MDB)をオンプレミスからクラウドに移行する案件にA5 for Microsoft AzureのSQLデータベースを適用。手応えを感じたといいます。

「新たにサーバを購入することなくシステムを増強でき、運用面でも、コスト面でもメリットを感じました。当初、オンプレミスでの運用より処理速度が遅くなるのではと懸念していましたが、以前より速くなったのは思わぬ効果でした。また、これまではトラブルが発生した際には、ユーザー先に出向かなければなりませんでしたが、クラウド化によってWeb経由で状況を把握できるようになり、スピーディーなサポート対応が可能となっています。」(磯野氏)

わからないことはサポートに相談して、即解決

続いて、A5 for Microsoft Azureをベースに、ネットワーク活用によるレセプトソフトウェアの機能追加に着手。自動アップデート機能のほか、エンドユーザーからのファイル送信機能、ソフトウェアの認証管理機能という3つの機能を新たに追加しました。

「Microsoft Azureをソフトウェア開発に応用したのは初めてでしたし、情報も少なかったので、当初は戸惑うこともありました。でも、富士通のサポートはメールで問い合わせれば、1時間後には現象確認の電話があり、翌日には解決策を回答してくれましたので非常に助けられました。例えば、ある不具合に悩んでいた時、ユーザー側とクラウド側の時計があっていないことが原因では、とアドバイスされ、無事に解決できました。富士通には、Microsoft Azureに関する知識が豊富に蓄積されているので、このようなピンポイントの事象にも迅速に回答できるのでしょう。自分も同様の業務に携わっているので、サポート体制がしっかりしていることがよくわかり、頼もしく思いました。また、当たり前のようですが、日本語対応というのもありがたいですね。」(磯野氏)

クラウド利用のシステム開発を積極的に展開していきたい

レセプトソフトウェアについては、800ユーザーのうち約半数がオンラインでの自動アップデート機能を利用するようになり、従来、約20万円かかっていた送料をはじめ、CD・梱包材などの費用、人件費といった改版の度にかかっていたコスト、手間がほぼ半減されました。
また、法改正に伴う料金改定は直前に通知が来ることもあり、利用者にとっては自動アップデート化で、スピーディーかつ確実な更新が可能となっただけでなく、インストールの手間が省けるなど、使い勝手の向上につながっています。

「これまで当社では、インターネットを使ったシステムはあまり手がけていなかったのですが、今後はWebアプリケーションの開発も含め、多角的に挑戦していきたいと思っています。また、Microsoft Azureと親和性の高いVisual Basic、C++を使って開発しているお客様システムも多いので、エンドユーザー向けシステムのクラウド化にも取り組んでいく方向で考えています。
クライアント・サーバシステムを使っているお客様の中には、サーバ管理者を置いていないところが多く、運用面の課題やセキュリティへの懸念等を抱えているケースが見受けられます。そういったお客様にも、今回の業務管理システムにおけるオンプレミス〜クラウド連携の経験を踏まえ、クラウド利用を積極的に提案していきたいですね。」(網澤氏)

富士通グループは、これからもお客様のSIビジネスを支えるクラウドサービスを提供し、お客様ビジネスの発展を支え続けてまいります。

【株式会社アカセ様 会社概要】
本社所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-14-1 新宿グリーンタワービル 14F
代表者 代表取締役 網澤 勝
設立 昭和52年4月23日
資本金 2,000万円
従業員数 29名(2014年2月現在)
事業内容 ソフトウェア開発、保守
マッピングシステム、WEBアプリケーションの開発、保守
WEBコンテンツの制作、保守
鍼灸マッサージレセプトソフトの開発、保守、サポート
ホームページ 株式会社アカセ様 ホームページ新規ウィンドウが開きます

ご紹介したサービス

  • FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure (旧名称:FUJITSU Cloud IaaS A5 for Microsoft Azure)

    「A5 for Microsoft Azure」はマイクロソフト社の「Microsofot Azure」の最新機能をご提供。富士通独自のサポートサービスもご利用いただけます。

用語解説

注:レセプトソフトウェア
医療機関向けソフトウェアで、一般的にはレセプト(診療報酬明細書)を作成し、プリンタで印刷できるソフトウェアのこと。

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

ご検討サポート・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。