このページの本文へ移動

どうぶつクラウド

人もペットも安心して暮らせる社会の実現

動物病院向けのクラウドサービスの提供により、どうぶつ医療の質を高める医療支援サービスを広く展開。
各病院に点在する知見を全体で共有・活用することが可能となるオープンなインフラの実現を目指します。

動物病院向け医療支援サービス「アニレセ Fシリーズ」 詳細はこちら(アニレセ Fシリーズサイト)

動物病院向けに医療の質を向上させる革新的なサービスを提供

業界初の動物病院向け医療支援サービス「アニレセ Fシリーズ」は、一次診療施設、および、夜間救急診療・高度医療などを提供する二次診療施設を包括的に支援するクラウドサービスです。

《特長1 》 : 適切な診療のサポート

  • クラウドに蓄積された知見を活用する類症鑑別診断リスト
  • 疾患の説明を、よりわかりやすく短時間で行えるサポートツール

《特長2 》 : 病院業務プロセスの最適化を支援

  • 受付~診療・調剤を一気通貫でつなぐ院内業務連携機能
  • クラウドを活用した、二次診療施設との地域医療連携

《特長3 》 : 病院経営を支える情報系機能の強化

  • 地域統計、疾患統計情報を活用可能な情報分析機能
  • 自宅から診療内容を確認できる環境づくり

導入背景:富士通とアニコムがペット関連事業で協業

弊社とアニコム ホールディングス株式会社は、国内における動物病院向け医療支援クラウドサービスの共同開発と共同販売について協業することで合意しました。
アニコムが提供している動物病院向け顧客管理ソフトウェア「アニコム レセプター」に、電子カルテシステムなどの診療支援機能や経営支援機能を大幅に追加しクラウドサービスとして提供する、動物病院向け医療支援サービス「アニレセ Fシリーズ」を共同開発し、販売開始しました。


共同開発商品:
アニレセ Fシリーズロゴ

アニレセ Fシリーズ 商品体系

「アニレセ Fシリーズ」は、一次診療施設、および、夜間救急診療・高度医療などを提供する二次診療施設を包括的に支援することを目的として、動物病院現場支援、複数拠点病院経営支援、地域医療連携支援、飼い主支援の観点から、下記のサービス群を提供いたします。

どうぶつクラウドの商品体系図です。
  • [動物病院現場支援]診療業務支援サービス
  • [動物病院現場支援]医療事務支援サービス
  • [複数拠点病院経営支援]複数拠点病院経営支援サービス(2015年度予定)
  • [地域医療連携支援]地域医療連携支援サービス(2015年度予定)
  • [飼い主支援]診療手帳サービス(2015年度予定)
  • 経営指標分析・診療情報分析サービス(2015年度予定)

アニレセ Fシリーズ 主な提供機能

1. 診療業務支援サービス

(1)クラウド上の統計情報を利用した医療の実現

これまで個々の動物病院単独で取り組まなければならなかった診療や、診療技術向上に対し、クラウドに蓄積された本サービスを利用する全ての動物病院の統計情報を参照することができるため、最新の治療技術や症例などを共有することが可能になります。

(2)飼い主にも理解しやすい診療を提供するための診療支援機能を搭載

病気を動画や図解で表現するグラフィカルな説明ツールや、これまでのペットの病歴や病気ごとに診療情報を管理するプロブレム管理を分かりやすく画面上にまとめる機能を搭載し、難解な医療の説明も飼い主によりわかりやすく説明できるよう支援します。

(3)病院内での診療情報共有による飼い主の満足度向上

電子化された受付問診票や調剤指示、診療と会計の作業連携により、院内業務を効率化し、飼い主を待たせない病院づくりを支援します。

2. 医療事務支援サービス

アニコムレセプターシリーズで培ってきた使いやすさ、わかりやすさをさらに発展させ、窓口での受付から診療明細書の発行といった、動物病院における事務手続きをスムーズに行うことが可能です。

3. 複数拠点病院経営支援サービス

複数拠点を有する病院が、拠点全体で顧客情報や診療情報を共有することが可能になります。これにより、その中のどの病院に行っても過去の診療情報に基づいた医療を受けられるなど、飼い主が安心して通える病院づくりを支援します。

4. 地域医療連携支援サービス

一次診療施設、夜間病院、二次診療施設での診療情報共有や、病院間での診察依頼や診察結果の回答をやり取りすることが可能なサービスです。これにより、夜間にかかりつけではない病院に急遽訪れることになった場合でも、適切な医療提供が可能になります。

5. 診療手帳サービス

飼い主が自宅から検査結果や食事指導、投薬指示等をパソコンやスマートフォンから確認することが可能になります。これにより、ペットの症状や注意点を家族全員が正確に把握することができます。また、かかりつけの動物病院と飼い主の間でコメントのやりとりを通じた治療後のフォローを行うなどの双方向のコミュニケーションを可能とします。

6. 経営指標分析・診療情報分析サービス

クラウド内に蓄積された経営情報や診療情報を分析し、来院傾向の把握による経営力向上の施策立案や、自病院の診療プロセスのチェックによる医療サービス向上を支援します。

関連情報

アニレセ Fシリーズは、アニコム パフェ株式会社が販売いたします。
詳しくは以下サイトをご確認ください。

動物病院向け医療支援サービス「アニレセ Fシリーズ」 詳細はこちら(アニレセ Fシリーズサイト)