このページの本文へ移動

FUJITSU Intelligent Society Solution
食・農クラウド Akisai 施設園芸SaaS-S

食・農クラウド Akisai(秋彩) 資料ダウンロードはこちら

施設園芸SaaS-Sの概要

食・農クラウド Akisaiの中で施設園芸をサポートする製品群です。「施設環境制御box」(注1)は各種センサ情報の収集や機器の制御を行うハードウェアであり、「施設園芸SaaS-S」はクラウドに蓄積された様々なデータを利活用するクラウドサービスです。これらを利用することにより、農業生産者は生産プロセスの見える化や温室の遠隔監視、装置の遠隔制御が可能となり、適時作業を逃さず行え、質の高いものを安定供給することができます。

  • 遠隔から温室のモニタリング・リモートコントロールを実現
  • 予め設定した条件で温室内の装置を自動制御
  • 富士通データセンターで、温室の環境データの蓄積・分析が可能
  • 日本発の施設園芸/植物工場向け情報基盤であるユビキタス環境制御システムUECS(注2)に準拠
【食・農クラウド 施設園芸SaaS-S】 「サービスメニュー」アラート発信、温室モニタリング、機器の複合制御、栽培テンプレート。 「基本機能」モニタリング 温室モニタリング機能、アラート通知機能、蓄積データ表示/出力機能。 コントロール 自立制御機能、機器遠隔操作機能。 「複合制御オプション」複合機器機能、制御機連携制御、詳細制御、遠隔機能、施設保全制御、環境レポート

「施設園芸SaaS-S」「施設環境制御box」は、施設園芸に対し、生産管理面から支援する製品群です。これらを利用することにより、農業生産者はいつでもどこでも生産プロセスを見える化できます。
「施設園芸SaaS-S」は、温室とクラウドを接続して、データ計測・装置制御を行う「基本サービス」と、温度、湿度、CO2、日射量、土壌水分の観点から、複数装置を制御する「複合制御オプション」からなります。
「複合制御オプション」は、作物や施設にとって最適な環境制御を行うためのオプション機能です。

(注1)施設環境制御box
製造元:(株)富士通九州システムズ

(注2)UECS(ユビキタス環境制御システム:Ubiquitous Environment Control System )
植物生産の新たな情報化標準としてUECS研究会によって規格化された国内で唯一の施設園芸標準通信規格。 従来の集中管理型に比べ、低い導入コスト、設置の容易さ、メンテナンス性の良さで優れている。

施設園芸SaaS-S・施設環境制御boxの提供機能

基本機能

モニタリング(環境計測・監視)

温室の環境をセンサー・クラウドを使ってモニタリング出来ます。「ハウス内の温度を離れた場所からでもリアルタイムに把握したい」「複数あるハウス環境を一元的に把握したい」 施設園芸SaaS-S モニタリングでお悩みを解決します。

コントロール(自律制御・機器遠隔操作)

利用者が予め設定した条件で、温室内の制御機器を自動制御します。
また、施設とクラウドを接続することで、事務所や外出先から制御機器を遠隔操作することができます。

複合制御オプション

温室の温度や湿度などの環境要素の目標値・上限値・下限値を指定し、天窓や暖房機などの複数機器を制御することによって、指定した範囲内に遷移するように温室状態を制御する機能です。

環境制御boxのご提供

環境制御boxのイメージ写真温室を制御する情報基盤として、「施設環境制御box」を提供します。温度・湿度・日射量・CO2といった各種センサを接続することができ、暖房機や換気扇、窓、照明などの装置を制御することができます。 施設環境制御boxは、UECS通信規格V1.0-E10に準拠していますので、この規格に準拠した他社製のアプリケーションでも環境の計測や制御が可能です。

施設園芸SaaS-S・施設環境制御boxの販売価格(税別)

  • 施設園芸SaaS-S : 月額 1,500円(3ノード)から
  • クラウド通信box : 14.4万円から
  • 施設環境制御box : 21万円から

施設園芸SaaS-S・施設環境制御boxの動画

事例動画

仙台ターミナルビル株式会社様

これまでの「経験と勘」の農業から、データ活用による農業で、地域の方たちにもノウハウを還元し、地域の農業活性化につなげていきたいと思います。

プロモーション動画

施設園芸SaaS-S動画イメージ

施設園芸SaaS-S ご紹介

施設園芸SaaS-S、施設環境制御boxを活用した施設園芸の事例および導入効果等をご紹介しております。

食・農クラウド Akisai(秋彩) 資料ダウンロードはこちら