このページの本文へ移動

FUJITSU Intelligent Society Solution
食・農クラウドAkisai(秋彩) 土壌分析/施肥設計SaaS

概要

食・農クラウドAkisai(秋彩) 土壌分析/施肥設計SaaSは、生産現場を起点に生産者が圃場の土壌分析を分析センターへ依頼が行え、分析結果を基に肥料の施肥設計までの一連の流れを支援するクラウドサービスです。

運用イメージ

土壌分析/施肥設計SaaS サービス概要図

ご活用のメリット

土壌分析センター

  • 依頼受付 → 土壌分析 → 処方箋作成をスムーズに連携可能
  • 処方箋を通じて、分析結果に基づいたアドバイスを現場へ提供可能
  • 環境計量法にも対応

依頼者(生産者、営農指導団体(JAなど))

  • 生産者の土づくり記録に活用
  • タブレットによる生産現場での利用も可能
  • 営農指導員の指導ツールとして利活用

サービスの特長

  • 土壌分析/施肥設計データを一元管理
    土壌分析/施肥設計データの一元管理で、いつでもどこからでも土壌の経年変化の把握が行えます。
  • グラフ表示による分かりやすい診断支援システムを提供
    分析結果の数字だけでなく、グラフ表示と過去の結果を比較しながら診断が可能です。
  • 土壌診断業務の作業軽減を実現
    分析コメントマスタや資材の施用量計算マスタを利用することで、土壌診断業務の作業負荷を軽減できます。
  • 依頼者と分析組織双方で進捗状況の把握を実現
    分析組織で実施された分析結果登録や処方箋作成により、分析サンプル毎の分析進捗が更新されます。
    特別な手間を必要とせずに進捗管理を行い、依頼者もシステムを通じて進捗確認が可能です。
  • ユーザー様のオリジナル施肥設計ノウハウの活用が可能
    ユーザー様がお持ちのオリジナル施肥設計ノウハウをパターン登録したマスタを利用することで、
    誰でも簡単に施肥設計が可能になります。

操作画面

【分析サンプル登録画面】
分析の依頼者は画面の指示に沿って、簡単操作で、分析サンプル登録が可能。

分析サンプル登録画面キャプチャ例

【処方箋作成画面】
分析結果グラフと過去データを比較して、土壌診断。
関連マスタが土壌診断をサポート。

処方箋作成画面キャプチャ例

【進捗確認画面】
分析組織用の詳細な進捗確認画面と、依頼者用の簡易進捗確認画面の2パターンが存在。

進捗確認画面キャプチャ例

【施肥設計作成画面】
土壌分析の内容を踏まえた施肥設計が可能。
施肥設計ノウハウをパターン登録して参照利用が可能。

施肥設計作成画面キャプチャ例


写真はイメージです。本掲載内容は、告知なしに変更する場合があります。