このページの本文へ移動

FUJITSU Intelligent Society Solution
食・農クラウド Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントS
提供機能 計画する


栽培指針

国の基準に基づいた「農薬データベース」を元に、適正な防除を目的とした「防除指針」、肥料散布を目的とした「施肥指針」を作成できます。
農薬散布時には、作成した指針が正しく守られているかをチェックする機能も備えており、指針に従っていない場合は違反内容の詳細を確認できます。
作成した指針はExcel形式で出力可能、「防除記録」「施肥記録」は、「作業日報」としてExcel出力も可能です。

Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントライト対応 Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントライトでもご利用できる機能です。

栽培暦

栽培したい農産物に関する必要な各種データ(作付時の目標となる指標や基幹作業の実施目安時期)を組み合わせた情報を「栽培暦」(雛形)として登録します。作付時に「栽培暦」の値が反映され、簡単に計画策定ができます。
栽培後には、計画と実績を対比しながら、当初立てた作業計画を振り返って評価します。
良い評価を付けた栽培実績を元に、「栽培暦」をより良いものへと更新をかけていくことで、栽培マニュアルを作成できます。

Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントライト対応 Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントライトでもご利用できる機能です。

作付検討

作付計画を立てる前の検討作業として、販売や収穫の目標値から作付時期・面積を検討します。
「いつ頃に、いくらの売上が必要か」「いつ頃に、いくらの収穫高が必要か」といった前提条件をもとにして、目標作付面積をシミュレーションすることができます。この目標作付面積を目安に「作付計画」を策定することができます。
本機能を使用するためには「栽培暦」に事前に指標値を登録しておく必要があります。

作付計画

作物(品目・作型)別に、どの圃場にどれだけ植えるかを作成します。
「栽培暦」に指標となる値を事前設定しておくことで、簡単に作付計画を立てることができます。また、作付計画を立てる前に「作付検討」でシミュレーションしておくことで、その値(面積)を元にして、作付計画を立てることもできます。

Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントライト対応 Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントライトでもご利用できる機能です。

適期管理

「栽培暦」「作付計画」で作成した情報をもとに、圃場別に基幹作業の計画を立てます。
基幹作業に関する情報(作業名、予定期間等)を設定し、栽培する作物の計画と実績を対比しながら、進捗を俯瞰することができます。

Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントライト対応 Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントライトでもご利用できる機能です。