このページの本文へ移動

FUJITSU Intelligent Society Solution
食・農クラウド Akisai 農業生産管理SaaS 生産マネジメントS
活用パターン(栽培暦)

栽培したい農産物に関する必要な各種データ(作付時の目標となる指標や基幹作業の実施目安時期)を組み合わせた情報を「栽培暦」(雛形)として登録します。作付時に「栽培暦」の値が反映され、簡単に計画策定ができます。
栽培後には、計画と実績を対比しながら、当初立てた作業計画を振り返って評価します。良い評価を付けた栽培実績を元に、「栽培暦」をより良いものへと更新をかけていくことで、栽培マニュアルを作成できます。

  • 栽培暦


    注:図はイメージです
    栽培したい農産物に関する必要な各種データ(作付時の目標となる指標や基幹作業の実施目安時期)を組み合わせた情報を「栽培暦」(雛形)として登録します。

  • 作付検討

    栽培暦の情報を元にして、販売や収穫の目標値から作付時期・面積を検討します。
    「いつ頃に、いくらの売上が必要か」「いつ頃に、いくらの収穫高が必要か」といった前提条件をもとにして、目標作付面積を動的にシミュレーションすることで計画策定が簡単に行うことができます。

  • 作付計画


    注:図はイメージです
    作物(品目・作型)別に、どの圃場にどれだけ植えるかを計画します。「栽培暦」に指標となる値を事前設定しておくことで、簡単に作付計画を立てることができます。また、作付計画を立てる前に「作付検討」でシミュレーションしておくことで、その値(面積)を元にして、作付計画を立てられます。

  • 適期管理

    基幹作業に関する情報(作業名、予定期間等)を設定し、栽培する作物の計画と実績を対比しながら、進捗を俯瞰します。

  • 作業管理

    作業者が、パソコンやスマートフォンを使い「だれが」「どの圃場で」「何時間」作業を行ったか、というデータを簡単に記録することができます。使用用途に合わせたTypeT(タッチパネル風)とTypeS(スマートフォン風)を選択することが出来ます。

  • 作業進捗・評価


    注:図はイメージです
    「適期管理」で設定した圃場の作業進捗状況と達成度を振り返り、評価し、評価結果を「栽培暦」へフィードバックします。

  • 栽培暦


    注:図はイメージです
    良い評価を付けた栽培実績を元に、「栽培暦」をより良いものへと更新をかけていくことで、栽培マニュアルを作成できます。