このページの本文へ移動

牛の繁殖支援サービス
FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド Akisai 牛歩® SaaS

牛歩SaaS の概要

牛の行動特性を利用して、歩数計を活用した歩数データの推移で発情時期を検知し、高い授精率で繁殖させることを可能にするシステムです。種付けタイミングの見逃しによる農家の損失を激減させ、かつ、雄雌の産み分けにも活用でき、農家経営を手厚くサポートします。

システム概要イメージ

システム概要
歩数グラフイメージ

導入効果

課題であった国産乳牛/肉用牛の安定確保と、牧場運営あの過酷な労働条件の双方を一気に解決!

国産乳牛/肉用牛の安定確保

  • 乳牛/肉用牛の受胎率を増やしてより多くの牛を確保する(発情過程の正確な把握)
    ⇒雌牛の種付適期見極めが可能
  • 牛一頭あたり1年1産する確率を増やして、効率的かつ安定的な供給を可能とする
  • 牛の健康状態を把握でき、死産率を減らすとともに親牛の生存率も長くする
  • 乳牛は妊娠による乳量増につながる

牧場運営の過酷な労働条件を解決

  • 目視による発情兆候を確認するため、24時間監視が必要であったが、システムによる自動監視により、時間的拘束から開放される
  • 授精率向上による精液代と授精師費用の節約につながる
  • 無駄な飼料コストを抑えられ、その為の作業削減にもつながる
  • JAは農家毎に計画的な運営を指導でき、生産コントロールによる供給安定につながる
  • 雄雌の産み分けにも活用可能で、経営効率の向上に繋がる

牛歩SaaS の機器構成

機器構成

生産農家側に必要な機器

歩数計 計測させる「牛」に直接装着し、歩いた歩数を計測します。
受信機 牛舎に取り付けて、歩数計を装着した全ての牛を対象に、歩数計測データを受送信する機器です。
PC/携帯電話 各生産農家や契約授精師は、サーバの情報分析結果を確認して、「種付け」作業の準備に入ります。
インターネット環境 センターと接続するためのインターネット環境が必要です。

センター側に必要な機器

サーバ 各生産農家から送られてきたデータを本機器に集約して、様々な情報を分析し、各生産農家に発信します。
インターネット環境 生産農家と接続するためのインターネット環境が必要です。

牛歩SaaS の販売価格(税別)

機器概算費用

品名 販売価格(税別) 備考
受信機 66万円  
ダイポールアンテナ 2万5,000円  
歩数計 3万5,000円 牧場側で装着実施、取付用具別途
取付工事費 個別見積 1サイトあたりの工事費用

サービス利用料

品名 販売価格(税別) 備考
サービス利用料(月額) 月額 1,000円 1歩数計あたりのサービス費用
運用支援費用 個別見積 運用に際してのサポート費用
導入支援費用 個別見積 導入セットアップ、操作教育費用
回線接続費用 インターネット環境は、お客様にて手配

 

カタログ・資料

牛歩SaaS に関する資料をダウンロードすることができます。

関連情報

関連記事


「牛歩®」は株式会社コムテックの登録商標です。