このページの本文へ移動

安心・安全の食材を提供するために

日本の産業が取り組むべき
GAPとは?

GAP(農業生産工程管理)とは

近年注目が高まっている農産物認証制度「GAP(農業生産工程管理)」。GAPとは Good Agricultural Practice の略語で、食品安全や環境配慮を重視した管理基準のことを指します。国内で取り組まれているGAPには、各都道府県が運営主体のGAP、民間団体による第三者認証を備えたJGAP(日本GAP協会)、Global G.A.P.(FoodPLUS)などがあります。
農業者や産地がGAPに取り組むことで、食品の安全性や品質向上、環境保全、労働安全、農業プロセスの効率化、取引先や消費者の信頼確保といったメリットが期待されています。

GAP(Good Agricultural Practice)

“農業生産の環境的、経済的及び社会的な持続性に向けた取り組みであり、結果として安全で品質の良い食用及び非食用の農産物をもたらすものです。”「国連食料農業機関(FAO)」より

“農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことです。”「農林水産省」より

今、なぜGAPが必要なのか

日本の農業の強さ、それは豊富な品種、多彩な栽培技術、高品質で多種多様な作物の提供など個々が磨き上げてきた世界でもトップレベルの技術力にあります。今後、TPP(環太平洋パートナーシップ)などによる農作物貿易の活性化により、輸出が大きなチャネル確保のカギを握り、品質認証の有無が取引先や消費者との信頼に大きく影響していきます。
GAPと聞くと面倒くさい、難しい話に思えるかもしれませんが、食の安全と持続可能な生産工程管理を実現するために農業経営の標準化が欠かせません。

日本有数の農業経営者の話

農業生産法人 有限会社グロー
取締役 石原

“GAPを初めて知った時は「なんて面倒くさいことなんだろう」と正直感じました。でもこれは必要なんだとだんだんと気付きはじめ、GAPの対応をしていく中でAkisaiを知りました。”

Akisaiを利用することで実感したこと

食の安全性(食べる人の安全)
農薬の関係が大きく、ムダが省けるようになってきた。イコール、食の安全性につながっている。

環境保全(地球環境の安全)
一番大きな効果は肥料。コストの削減にも繋がるし、環境に良い影響がある。

労働の安全性(作る人の安全)
作業単位で労働時間のデータを取ることで安全性が少しずつ増していると感じている。

GAP運用、監査・指導業務に有用なAkisai商品

農業現場でのICT活用やGAP運用を支援し、農産物の安心・安全確保、労働安全、環境保全など、農業プロセスを最適化するサービスです。

農業生産管理SaaS 生産マネジメントS

生産計画から収穫・出荷まで、GAPの取り組みを支援。
農業プロセスに関わる情報を蓄積・管理・集積し、企業的農業経営をサポートします。

GAP運用のPDCAサイクルを支援

PDCAサイクル実現のために、計画する(Plan)、記録する(Do)、確認する(See)の3つのカテゴリ別に各機能を配置。
活用シーンごとにわかりやすくご利用いただけます。
「計画する」ではGAP点検シートの作成、「記録する」では日々のデータの記録、「確認する」ではGAP基準に則って作業が行われたかの達成度を確認できます。

GAP点検シートの作成

JGAP、Global G.A.P.の管理点は標準で登録済、独自のGAP項目内容を設定することが可能です。

GAPチェック

作成したGAP点検シートに則って作業が行われているかどうかをチェックする機能です。

GAP達成度確認

また、GAP項目点検状況(達成状況)をグラフで一目で確認できます。

食・農クラウド Akisai(秋彩) 資料ダウンロードはこちら

アセスメントガイド運用支援システム

農業生産工程管理の規格であるGAPを対象としたコンテンツを提供。
タブレットを使用し、さまざまな規定・規格における監査・指導業務の効率化を図ります。

GAPの監査・指導業務を支援

アセスメントガイド運用支援システムは、さまざまな規定・規格における監査や指導業務をタブレットで行い、監査員や指導員を支援するシステムです。業務効率の向上に役立ち、指導ノウハウのデータ化も可能になります。
本システムの第一弾として提供中のJGAP指導支援ツールの他、Global G.A.P.や県GAP、FCP共通工場監査項目などに対応したコンテンツも順次提供予定です。

アセスメント支援アプリは、コンテンツ(監査・管理項目や指導要領のデータベース)と付帯して動作するものであり、コンテンツを入れ替えることによって、あらゆる規格に対応したツールとなります。
※アセスメント支援アプリは、AppStoreまたはGooglePlayから入手してください。

活用イメージ

  • 監査や指導に必要な管理点・指導方法などを参照
  • 指導結果や事例などの情報を登録(写真やコメントを保存)

食・農クラウド Akisai(秋彩) 資料ダウンロードはこちら

食・農クラウド Akisaiに関するお問い合わせ

0120-933-200富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

Japan

国・地域を変更

ページの先頭へ