このページの本文へ移動

FUJITSU Intelligent Society Solution 「食・農クラウド Akisai」活用事例
みかんのすべてを扱う生産法人としての更なるチャレンジを

株式会社早和果樹園様 写真

株式会社早和果樹園様


7戸の共撰農家から出発し、生産法人化を経て、味一しぼりなどに代表される加工品の製造・販売に着手し、地域の6次産業化企業として成長を遂げてきた早和果樹園。経営陣も若手に世代交代が進み、新卒採用で地域の若者も会社に入ってきてくれるようになりました。多彩な加工品を武器に、グローバル化への対応やGAPの導入、新たなICTを用いた経営への挑戦など、ますます現場は活気づいています。

自慢の商品はコレ!

味こいみかん

厳選した基準をクリアした早和果樹園の最上級ブランドのみかん。濃厚な味わいにマッチした程よい酸味、ハイレベルでバランスのとれた自慢のみかんです。早生品種はとろけるようなフクロがあり、まさに最上級の味わいとなっております。

多彩なみかんの加工品

日本有数のみかん産地の有田で生まれた濃厚でおいしいみかんを贅沢に使ったジュースを始め、デザートのジュレ・アイス、調味料のジャム・ポン酢・ケチャップなど大切な人への贈り物から日常使いのアイテムまで「本当のみかんのおいしさ」を伝えたくて、幅広いラインナップを展開しています。

IT活用のポイント

ITを導入することで、意思決定にデータを用いる習慣が当たり前

富士通との数年に渡る実証実験を経て、Akisai農業生産管理SaaSを継続して利用しています。最近では、富士通エフサスからサイボウズkintoneを導入し、製造・発送業務の効率化も推進中です。ICTを活用することで、数字で見える化して物事を把握したり、定期的に見直しのためのPDCAサイクルを回すことが習慣化してきました。最終的に、みかんを栽培するのは、栽培技術であり、人です。その人の意思決定のために情報を活用する習慣が当たり前になってきたことが、一番大きな変化だと思っていますし、ICTと人のよりよい関係だと思います。ドローンやIoT関連技術の到来で更に便利なことが実現できないか、期待しております。

株式会社早和果樹園様
会社名 所在地 お客様紹介サイト
株式会社早和果樹園様 和歌山県 http://sowakajuen.com/新規ウィンドウが開きます