このページの本文へ移動

FUJITSU Intelligent Society Solution 「食・農クラウド Akisai」活用事例
「こだわり」が生む、自然の甘さ。省力化と効率化で更なる収穫拡大を目指す

株式会社坂口農産

株式会社坂口農産様


アイヌ語で「冷たい水」という意味を持つ北海道富良野市山部地区で農園を展開している坂口農産様。過去の教訓を活かして、「土づくり」に強いこだわりを持ち栽培を行う坂口農産様は2013年に法人化しました。2017年にはコープさっぽろ農業賞の大賞を受賞するなど高い評価を受けており、今後の栽培拡大にも積極的です。また、外国人労働者の人材育成にも力を入れており、果樹・野菜・水稲という幅広い作物の栽培に取り組んでおります。

自慢の果物はコレ!

平均糖度16超えの「鳳凰メロン」

メロン栽培を始めたのは昭和41年。現在、100㎡ハウス30棟で年間約20,000玉のメロンを収穫しています。こだわりを持つ土にはもみ殻堆肥を使用し土の微生物を活性化させており、作物が根から豊富な栄養を吸収して健康的に育っています。また芦別岳から流れてくるミネラル豊富な雪解け水を吸収し、昼夜の寒暖差に耐え出荷されるメロンは平均糖度が16と大変甘く絶品です。
「市場にない時にその作物を作って売る」というモットーを掲げ、常にエンドユーザーである消費者の目線に立ち、収穫時期や栽培方法の検討や改善に取り組んでいます。

IT活用のポイント

省力化・効率化のために今後完全無人化を目指す!

ハウスには「施設園芸SaaS」を導入し、ハウスの温度・湿度・日射・CO2の値を見える化しています。メロンは夜間の温度管理が重要であり、ハウスを増やしていくうちに温度などの管理が行き渡らないという課題を抱えていました。そこで、リアルタイムに遠隔地からモニタリング可能となる本システムを導入したことで管理リスク低減や安定経営に繋がり時間と心に余裕が生まれました。
今後は環境データとハウス管理を連動させるなど、栽培の完全無人化も視野に農地を拡大します。

株式会社坂口農産様
会社名 「鳳凰メロン」の詳細・ご注文はこちらから
株式会社坂口農産様 http://sakaguchi-nousan.com/index.html新規ウィンドウが開きます