このページの本文へ移動

FUJITSU Intelligent Society Solution
食・農クラウド Akisai 生育管理システム agis

食・農クラウド Akisai(秋彩) 資料ダウンロードはこちら

生育管理システム agis

「食・農クラウド Akisai 生育管理システム agis」パッケージは、ハンディターミナルを活用し、栽培現場での作業履歴収集とデータ管理を容易にするサービスで、多品種少量生産や、栽培植物をロットごとに管理する機会が多い植物工場や施設園芸での生育管理に適しています。
(注)「生育管理システムagis(エイジス)」パッケージは、小林クリエイト株式会社の植物工場・施設園芸向け生産管理ソリューションです。

主な特長

  • ハンディターミナル連携により多品種少量生産、栽培ロット移動がある植物工場・施設園芸に優れた生産管理機能。
  • 細かな工程設定、作業実績や生育状況の容易な収集機能による作業進捗・生産の見える化を実現。
  • PDCAマネジメントによる、生産性向上・高品質化による農業経営の収益改善。

作業者はハンディターミナルを管理単位のロットに挿してあるRFIDや二次元コード付きタグにかざし、個体を識別しながらハンディターミナル上で作業実績を入力することが可能となります。これにより、生育途中で栽培場所が変わる機会が多い植物工場等においても播種から収穫まで一貫した作業履歴の管理が容易になります。
ハンディターミナルで入力した情報はオフィスのパソコンに蓄積され、管理ロット単位での作業進捗や生育過程を視覚的に確認することができます。これにより、作業の遅れや対応状況などロットごとの集計や分析、生産管理の効率化につなげることができます。さらには、実績データを作業者間で共有することで、栽培技術の習得や作業品質の向上を実現します。

ご活用のメリット

AGRI - TAG(栽培ロットに挿したRFIDや二次元コード付きのタグ)の読書きで、作業情報・観察記録の管理が可能!

生育過程の作業指示・実績収集を繰り返しながら、ロットトレースが可能になります。


AGRI - TAGの複製で個体情報の一元管理が可能!

自動認識技術(ニ次元コード・RFID)により、個体情報を簡単に正確に取集できます。


データベースの照会・分析により、農業経営に活かせます!

ロットトレース情報を戦略的に分析することで、効果的な次の一手に役立ちます。

主な機能


【工程マスタ設定】播種、種苗、定植などの生育
過程に合わせ、作業工程を設定します。工程を詳細に分割することにより、作業などの改善項目が見つけやすくなります。【データ収集】二次元コード・RFIDなどの自動認識機能により、簡易で正確なデータ収集ができます。【データ共有】作業工程で得られたデータにより、管理ロット単位での作業進捗や生育過程を、共有しやすくなります。【データ分析】最近の収穫率実績や現在までの生育進捗により、出荷量や出荷日の予測を行います。

ハンディターミナル機能

個体識別情報を確認しながら作業項目を選択するだけで、簡単に作業実績を登録できます。


画面イメージ

[照会機能(作業進捗/現場状況)]

[履歴機能(作業/観察)]

生育管理システム agis の販売価格(税別)

  • 生育管理システム agisのパッケージサービスをご提供する際は、事前にお客様要件定義が必ず必要になります(個別見積)。

カタログ資料

生育管理システム agis に関する資料をダウンロードすることができます。


食・農クラウド Akisai(秋彩) 資料ダウンロードはこちら

写真はイメージです。本掲載内容は、告知なしに変更する場合があります。