このページの本文へ移動

ET & IoT Technology 2017出展のご案内
ニュース・トピックス

イベント出展情報 「組込み総合技術展 Embedded Technology 2017」「IoT総合技術展 Internet of Things Technology IoT Technology 2017」 会期:2017年11月15日(水曜日)~17日(金曜日) 会場:パシフィコ横浜

当社は、11月15日(水曜日)~11月17日(金曜日)にパシフィコ横浜にて開催されるET & IoT Technology 2017に出展いたします。
当社の最新のIoTテクノロジーやソリューションをご覧いただきたく、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

展示会概要

展示会名 ET 2017(Embedded Technology 2017) & IoT Technology 2017 [ET & IoT Technology 2017]新規ウィンドウが開きます
会期 2017年11月15日(水曜日)~17日(金曜日)
10時~17時(16日は18時まで)
会場 パシフィコ横浜新規ウィンドウが開きます
主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会
入場料 1,000円(税込)

※無料招待状持参者、公式Webサイトでの来場事前登録者は無料。

事前登録はEmbedded Technology, IoT Technology展示会・カンファレンス事前登録新しいウィンドウで表示ページから

富士通出展ブースイメージ
富士通出展ブースイメージ

出展製品・サービス

工場設備可視化・分析IoTソリューション

画像認識技術により工場内設備の稼働状況をデジタル化することで、遠隔での可視化・分析を実現し、監視作業の負荷を軽減できるソリューションをご紹介します。工場内設備を監視するカメラから画像解析ソフトウェア、IoTプラットフォーム、そして見える化ツールまでをワンストップで提供するため、簡単に導入することができます。

作業状況可視化・分析IoTソリューション

画像解析技術を用いて作業状況を数値化することで、遠隔での可視化・分析を実現し現場作業の効率化に貢献できるソリューションをご紹介します。作業員の状況を撮るカメラから画像解析ソフトウェア、IoTプラットフォーム、そして見える化ツールまでをワンストップで提供するため、簡単に導入することができます。

ユビキタスウェア センサーアルゴリズム/コアモジュール

お客様の業務に合わせ、人や物の状態・状況・周囲の環境をセンシングし、解析・分析することですぐに活用できる価値あるデータを提供するIoTパッケージ「ユビキタスウェア」をご紹介します。富士通独自のアルゴリズムを活用することで、お客様のIoTシステムの開発工数が削減できます。また、お客様のデバイスにコアモジュールを組み込み、取得したデータを用途に合わせて活用可能です。

LoRaモジュール内蔵センサーノード・ゲートウェイ&可視化ツール

LoRa通信技術を用いて様々なセンサーの情報を収集し、手軽に可視化することで、お客様のIoT実践の第一歩をお手伝いします。LoRaモジュール内蔵センサーノード・ゲートウェイは独自開発したマルチホップ機能によって40Kmを超える長距離通信を行うことが可能です。また、可視化ツールWePSは機能テンプレートによるプログラムレス開発が可能なため、拡大するIoT市場で自由度の高い可視化システムを短期間で容易に実現します。

富士通グループ出展案内

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)