このページの本文へ移動

ソリューションモデル・事例

富士通がご提供するIoTソリューションと様々な分野におけるお客様導入事例をご紹介します。

ソリューションモデル

Factory Performance Dashboard

工場のエネルギーコストを最小化しつつ、必要量の生産を実現するように生産設備を自動制御します。さらに、工場経営のリソース配分(設備、材料、製品、エネルギー、人員、資金)を見える化し、最適な工場経営を実現します。

VisuaLine

生産工程に関わる製造設備からのログデータを収集し、1製品ごとの稼働状況をグラフなどの様々な表現形式にて可視化し、製造現場の生産効率化を支援します。

イベント運営支援ソリューションEXBOARD

大勢のお客様が来場するイベント会場において、センサー技術を活用し、エリアごとの滞留数や特定のお客様の位置情報の把握、お客様の興味・関心度などを可視化します。

(富士通アドバンストエンジニアリング)

安全管理支援ソリューション

ユビキタスウェア「バイタルセンシングバンド」を活用して、過酷な作業現場で働く作業者一人ひとりの熱ストレスや身体負荷を推定し、事前に設定した通知条件に該当した場合、管理者のスマートフォンに通知します。それらの通知を参考に、休憩指示や事故発生時の迅速な対処を行うことができるので、作業者一人ひとりにあわせた見守りが可能です。

居住者の見守りソリューション

ユビキタスウェア「リモートケアベース」を活用して、ユーザーのプライバシーを尊重しながら異常検知/健康見守りをすることで、ユーザー(利用者)にとって安心安全に暮らせる居住空間を実現し、ユーザーと離れて暮らす家族や親族に安心を提供します。

下水道氾濫検知ソリューション

水位情報を収集するセンサーを下水道のマンホールに設置し、無線通信で5分ごとの水位情報をクラウド上に収集します。急激な下水道管路内の水位上昇を即座に検知でき、局所的な集中豪雨に伴う氾濫被害の軽減に向けた迅速な対応が可能となります。また、蓄積した水位情報から排水計画の検証や管路更新計画に役立てることができます。

(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)

次世代街路灯ソリューション

LED街路灯(街路防犯灯)に特定小電力無線通信モジュールを取り付けることでネットワーク化し、マルチホップネットワークの通信方式により、サーバーからの遠隔監視や制御を実現します。 きめ細やかな制御により最適化を図り、運用経費の削減に貢献する一方で、色変化などが可能であり、これまでにない次世代街路灯として、新たな価値をご提供します。

(富士通関西中部ネットテック)

導入事例

ものづくり

保守・保全

モビリティ

ロジスティクス

食・農業

都市インフラ

職場・暮らし

新ビジネス

その他

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)