このページの本文へ移動
  • ×F
  • Project
FUTURE

UNITED ARROWS Hackathon

株式会社ユナイテッドアローズ(以下略:UA社)内で活動していた「FUTURE SHOP PROJECT」は、新しい店舗のかたちを考えるために、 マーケティングやブランド戦略など様々な分野の有識者の講演や、大学生がワークショップで考えた未来の店舗のアイデアなどをインプットとし、 参加者である経営幹部層の想いを「共創プロセス」で引き出し、ビジョンを共感へと導きました。

次に「FUTURE SHOP PROJECT」から生まれたビジョンを具体化することを目的にアイデアソン・ハッカソンを開催しました。 UA社からは店舗スタッフを含めた複数の部署の従業員が、富士通からはデザイナー、SE、技術者、研究員、これに加え外部エンジニアや一般参加者など約60名が参加しました。 UA社がもつファッションの価値と富士通がもつテクノロジーの価値をクロスさせ、お客様の新たな感動体験を生む未来のサービスをプロトタイプと共に創出しました。