このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. サーバ >
  4. プラットフォームソリューション >
  5. セキュリティと利便性を両立して社外で業務ができるテレワークソリューション 『どこでもオフィス』
テレワークソリューション

セキュリティと利便性を
両立して社外で業務ができる
テレワークソリューション 『どこでもオフィス』

自宅や出張先などでもオフィスと同じように作業ができる環境を整えることで、いちいち会社を起点としなければならなかった業務の非効率をなくし、社員の機動力を高め、無駄な経費を削減。あわせて、社員のワークライフバランスを推進することができます。富士通は、長年にわたって培ってきたネットワークサービスやIP-PBX、シンクライアントなどのインフラ技術を融合し、セキュアで利便性に優れたソリューションを提供します。

入力フォーム お問い合わせはこちら

背景と課題

社外でもオフィスと同等に活動できる環境が求められる

ビジネスを取り巻く状況は大きく変化しており、より機動的な対応が求められています。一方で、少子高齢化の進展により、これまでと同じ数の人材を確保することも難しくなってきています。
このような状況では次のような問題が生じます。

  • 出張先と事務所を行ったり来たりで移動時間が多く、効率が上がらない。
  • 育児や介護を行っている社員、短時間でも働きたい社員を活用できない。
  • 万一の災害で事務所が使用不能になったり、交通機関の停止や新型インフルエンザ蔓延による出勤停止のときは業務が停止してしまう。

不正アクセスや情報漏洩を防止するセキュリティの確保が大前提

インターネットに接続可能なPCと携帯電話があれば、とりあえず「社外からもオフィスと同じように仕事ができる環境」は構築することができます。しかし、そうした安易なアプローチは、以下に示すように不正アクセスや情報漏洩をはじめとする重大なセキュリティリスクを抱えるとともに、利便性や費用の観点からも実用的とは言えません。

【テレワークを導入するための課題】

PCの問題

  • PCが紛失や盗難に遭った場合、内部に保存していたデータが流出する恐れがある。
  • WinnyなどのP2Pアプリケーションなどで知らないうちに情報漏洩してしまうことがある。
  • 上記を解決するには、社外での作業用にモバイルPCを支給しなければならず、費用がかさむ。
  • IDやパスワードを他人に知られたら、会社のサーバに勝手にアクセスされてしまう恐れがある。
  • 利用者の厳重なアクセス認証を行うには、そのシステムの設置と運用にコストと要員が必要となる。

コミュニケーションの問題

  • 携帯電話が紛失や盗難に遭った場合、電話帳に登録した顧客や取引先の電話番号が流失する恐れがある。
  • 社内への問い合わせ・連絡時に、相手先の携帯電話番号も部署の直通電話も覚えていない場合、会社の代表番号に電話して転送してもらわなくてはならず手間がかかる。
  • 料金を個人負担にしないためには、業務用の携帯電話を支給しなければならず、コストがかさむ。また、利用者も個人用と業務用の2台の携帯電話を常使い分けなくてはならないなど不便。
  • 電話では、意志がうまく伝わらない。資料を見ながらでないと説明しにくい。
  • 重要な要件なので、相手の顔を見て話したい。
  • 外出続きで社内の会議に参加できない。

解決策と導入効果

解決策シンクライアントから回線サービスまで
ワンストップでソリューション提供

富士通の「どこでもオフィス」ソリューションは、シンクライアントシステム(Citrix XenApp/XenDesktop/シンクライアント)、IPテレフォニーシステム(統合コミュニケーション)、高度な認証機能を備えたVPN接続サービス(FENICSⅡユニバーサルコネクト)、携帯電話各社の通信カード、Web会議サービスまで、必要な機器やサービスのすべてをワンストップで提供します。これにより不正アクセスや情報漏洩を防止し、安全かつ場所を選ばずに、PCと携帯電話を使ってオフィスと同等に作業できる真のテレワークを実現します。

【「どこでもオフィス」の仕組み】

導入効果セキュアで、
利便性に優れた真のテレワークを実現

富士通の「どこでもオフィス」ソリューションは、社員がすでに持っているPCや携帯電話を活用しながら、PCや電話を使った業務をどこにいてもオフィスにいるのと同様にできる仕組みを、セキュアに実現します。

「どこでもオフィス」ソリューションの効果

  • 一人ひとりの持つ機動力を高め、営業効率や生産性の向上につながります。
  • 育児や介護を行っている方やリタイヤされた方など一定時間オフィスにいることはできない、または望まないが、働く意欲はある方を活用したり優秀な人材の確保につながります。
  • 時間の有効活用により従業員満足度向上やワークライフバランスの推進につながります。
  • 万一の災害による事務所使用不能時や交通機関の停止、新型インフルエンザ蔓延による出勤停止などの場合にも、業務を継続することができます。

「どこでもオフィス」ソリューションの5つの特長

特長1利用者と端末(機体・環境条件)をセットで認証、アクセスセキュリティを強化

PINにより個人を特定し、「なりすまし」を防止します。さらに、登録PCのみの使用、指定ソフトウェアの使用チェックを加えた富士通特許の「三種混合認証」の仕組みにより、社内ネットワークへの不正アクセスをシャットアウトします。これらの認証はFENICSⅡユニバーサルコネクトによって自動的に行われます。

特長2PCには情報が残らない

すべてのアプリケーションとデータは社内のサーバ側にあり、PC(クライアント)側はCitrix XenApp/XenDesktopサーバによって、その画面情報だけが転送されます。モバイルPCのハードディスクやメモリには一切データが残らないため、PCの盗難や紛失に遭ったとしても、情報漏洩の心配はありません。また、利用者の個人所有のPCをシンクライアントとして活用することも可能です。

特長3オフィスにいるのと同じく内線電話が利用できる

社外にいてもWebブラウザから電話帳をクリックするだけで、内線に電話をかけることができます。統合コミュニケーションサーバが通話を仲介し、常に会社側から携帯電話へ発信するため、個人所有の携帯電話や自宅の固定電話を使った場合でも利用者側に通話料はかかりません。

すべての電話帳データは会社側にあるため、携帯電話を紛失した場合でも、顧客や取引先などの電話番号が漏洩する心配はありません。

なお、オフタイムには携帯電話に内線を転送せず、社内に在席しているメンバーが代わって受けられるように着信させるなど、柔軟な切り替えが可能です。

特長4オフィスにいるのと同じく会議ができる

社外にいてもWebブラウザを使って社内にいる人と会議ができます。相手の顔を見ながらコミュニケーションを取ることができるだけでなく、製品など実物を見せながらの打合せや、資料を画面上で共有しながら議論することもできます。

自宅のPCはもちろん、スマートフォンからも会議に参加できるので、どこにいてもコミュニケーションが図れます。

会議の通信は全て暗号化されており、また、会議中に共有した資料などの情報は会議終了後はPCに残らないので、情報漏えいも起こりません。

特長5最適な端末の選択

PCのほか、スレート/タブレット端末、スマートフォンなど、利用シーンに応じた最適な端末を利用できます。
メールやスケジュールの確認にはスマートフォン、お客様へのパンフレットの提示にはタブレット端末、詳細な報告書作成にはPCなど、適所適材での活用が可能です。

デモンストレーション動画


動画を再生する

(新しいウィンドウが開きます)

上記「導入効果」でご紹介した「どこでもオフィス」ソリューションの特長について、実際の操作画面の様子などを動画でご覧いただけます。

【動画内容】

セキュリティと利便性を両立するテレワークソリューション

システム構成例

どこでもオフィスは、PCの業務を行うシンクライアントシステム、PCと会社の間を安全に接続するVPN接続サービス、内線電話を使うIPテレフォニーシステムで構成します。シンクライアントシステムとIPテレフォニーシステムのいずれかを先行して導入し、段階的に拡張することも可能です。

また、シンクライアントシステムとIPテレフォニーシステムは、お客様によるシステム構築のはか、富士通が運用するサービスを利用することもできます。

【システム構成例】

ご紹介した製品

その他のプラットフォームソリューションはこちらから

本ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)