このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. コンピュータプラットフォーム >
  3. サーバ >
  4. プラットフォームソリューション >
  5. 業務停止時間の最小化と確実な復旧を実現する業務継続ソリューション
業務継続ソリューション

業務停止時間の最小化と確実な復旧を
実現する業務継続ソリューション

ビジネスにおけるシステムの重要性が、ますます高まっており、システムの停止がビジネスそのものに大きな損失を与えるようになっています。そこで、万一のサーバ故障時でも、迅速な復旧により損失を最小化することが重要です。

こうした課題を解決するのが富士通の業務継続ソリューションです。「自動化・可視化ソフトウェア ServerView Resource Coordinator VE」と「PCサーバ PRIMERGY ブレードサーバ」を組み合わせて、自動復旧することにより、サーバ故障がビジネスへ与える損失を最小化することができます。

 お問い合わせはこちら

背景とニーズ

サーバ集約により、サーバ故障時の業務への影響が増大

運用管理コストや運用負荷の軽減、ITガバナンスなどの観点から、サーバ集約に取り組む企業が増えています。これにより、今まで以上にシステムの可用性が求められるようになっています。システムが統合されると、万が一のシステム停止時には影響が全社に及び、すべてのビジネスが止まってしまいかねないからです。

このような状況の中で、システムに求められる要件は以下のとおりです。

ニーズ1業務停止時間を短縮したい(業務への影響を最小限にしたい)

人手に依存する運用では、担当者の不在などにより、対応が遅れる場合や確実な復旧ができない場合があります。万一のサーバ故障時に、できるだけ速やかにシステムを復旧させ、業務停止時間を最小化できる態勢を整えておくことが重要となってきます。

ニーズ2低コストで可用性を向上したい

可用性を向上するために、システム毎に予備サーバを用意していては初期コストや運用コストともに負担が大きくなります。万一のための予備サーバは、できるだけ減らすことが、効率的な運用につながります。

ニーズ3トラブル直前のデータから業務を再開したい

たとえば、日次バックアップで運用していると、最大24時間のデータが紛失してしまい、システムが復旧してもその間のデータは元に戻りません。サーバ故障直前のデータから業務を再開できれば、データ消失が最小限で済みます。

解決策と導入効果

解決策

「ServerView Resource Coordinator VE」と
「PCサーバ PRIMERGY ブレードサーバ」の組み合わせにより、
サーバ故障時の業務への影響を最小化


サーバの運用を自動化する「自動化・可視化ソフトウェア ServerView Resource Coordinator VE」と「PCサーバ PRIMERGY ブレードサーバ」を組み合わせることにより、サーバ故障時に確実に迅速な復旧を可能にします。

「ServerView Resource Coordinator VE」は、サーバの故障を検知し、待機させておいた予備サーバへ自動的に切替わるので、確実、かつ、迅速な復旧が可能です。また、予備サーバは、複数の業務サーバで共有できるので、効率的な待機運用も可能になります。さらに、ストレージにデータを配置することで、故障発生直前のデータが予備サーバに引き継がれ、最小限のデータ消失で業務を再開できます。

【ServerView Resource Coordinator VEでサーバ切替え手順を自動化】

導入効果

効率的な運用を行いながら、
業務停止時間の短縮やデータ消失を最小化


効果1自動化で復旧にかかる時間を大幅に短縮し、確実に復旧

本番サーバから予備サーバに切替える手順を自動化できるので、切替え時間を最短約10分に短縮できます(注1)。また、自動化により人的ミスを防止し、正確な切替えが可能になります。

(注1)「ServerView Resource Coordinator VE」未導入時と比較した場合の時間です。処理時間は、当社で想定したシステム要件に基づいた結果で、実際のシステム要件によって異なります。

効果2待機運用の効率化と導入費用の軽減

サーバ故障時に備えた予備サーバを、OSに依存することなく、複数の業務サーバで共有できるため、効率的な待機運用と予備サーバの導入費用を抑える効果も期待できます。

[環境負荷の軽減効果]

高集積なブレードサーバの利用により、省電力や運用の簡素化、設置スペースの削減なども可能。約3年前のラックサーバシステムと比較し、最大でCO2排出量40%(注3)、ケーブル本数90%(注2)、設置スペース57%(注3)を削減できます。また、予備サーバの共有と、未使用時の電源オフで省電力運用ができます。

(注2) ラックマウントサーバ「PRIMERGY RX200 S3」および周辺機器と、ブレードサーバ「PRIMERGY BX920 S1」を各18台組み合わせたシステムでの比較。
(注3) ラックマウントサーバ「PRIMERGY RX200 S3」とブレードサーバ「PRIMERGY BX920 S1」を各18台組み合わせたシステムでの比較。

効果3サーバ故障直前のデータから業務を再開

サーバの設定変更だけで切替え発生直前のデータを予備サーバに引き継げるため、業務停止時間を短縮します。サーバ故障直前のデータから業務を再開することができます。


富士通の「自動化・可視化ソフトウェア ServerView Resource Coordinator VE」と「PCサーバ PRIMERGY ブレードサーバ」は、貴社のシステムの可用性を向上させ、ビジネスの価値を高めるお手伝いをいたします。

デモンストレーション動画


動画を再生する

(新しいウィンドウが開きます)

上記「導入効果」でご紹介した業務継続ソリューションの効果について、実際の操作画面などの様子を動画でご覧いただけます。

【動画内容】

ブレードサーバによる業務継続の実現

  • 概要 [1分40秒]
  • サーバ故障時の自動復旧(SANブート) [2分00秒]
  • サーバのカンタン増設 [2分20秒]
  • 物理サーバ/仮想サーバの統一制御 [1分57秒]
  • サーバ故障時の自動復旧(Localブート) [2分28秒]

システム構成例

業務サーバ(2台)をブレードシステムに集約する場合の構成例

(注4) FC-SB:ファイバチャネルスイッチブレード、SB:スイッチブレード、MB:マネジメントブレード
(注5) 点線で囲まれているものは、本構成に含まれておりません。
(注6) 本構成は2010年9月時点の製品を使用しています。

価格例

主要な構成内訳 概算価格
ハードウェア
シャーシ(PRIMERGY BX900 S1)、シャーシオプション(スイッチブレード、ファイバーチャネルスイッチブレード) 約574万円~
サーバブレード(PRIMERGY BX922 S2、ファイバーチャネル拡張ボード)×3
管理サーバ、I/O仮想化制御サーバ
ディスクアレイ装置(ETERNUS DX60)
ソフトウェア
ServerView Resource Coordinator VE Standard メディアパック V2(Windows)×1 約125万円~
ServerView Resource Coordinator VE Standard サーバライセンス(マネージャ用) V2(Windows)×1
ServerView Resource Coordinator VE Standard サーバライセンス(エージェント用) V2(Windows)×3
ServerView Resource Coordinator VE I/O仮想化オプション×1
ETERNUS SF Storage Cruiser Standard Edition メディアパック 14(PRIMERGY Windows版)×1
ETERNUS SF Storage Cruiser TierS 14 ×1

ご留意事項

  • ラック、無停電電源装置(UPS)、モニタ、キーボード、マウス、ネットワーク機器、各種ケーブル、搬入費、ラック搭載費、現調費などは本構成に含まれておりません。
  • 電源冗長化は考慮しておりません。
  • バックアップ関連製品は本構成に含まれておりません。
  • 業務サーバのOSライセンス、アプリケーション、データボリューム用のディスク、 SE費用は含まれておりません。
  • 概算価格は構成に含まれるハードウェア・ソフトウェアの「希望小売価格」に基づいて算出しています。なお、消費税は含んでいません。

ご紹介した製品

その他のプラットフォームソリューションはこちらから

本ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)