富士通

Sun Fire V240

本製品は2007年9月19日をもって販売を終了いたしました。
なお、本製品の後継製品は、SPARC Enterpriseとなります。

各モデルの詳細につきましては、「今までに発表した製品」をご参照ください。

データセンターの高可用性をPCサーバの価格帯で提供

パワフルな64bit UltraSPARC IIIiプロセッサを2個搭載可能なSun Fire V240は、データセンターの高可用性をコンパクトな2Uサイズに凝縮した、業界きってのコスト・パフォーマンスを実現したラックマウント型サーバです。

標準で4ポートのGigabit Ethernetをサポートし、優れた接続性を提供します。ディスク・ドライブと冗長電源(電源コード別系統)は活性交換に対応しており、またフロント・アクセス可能なので高いアップタイムを確保します。

3つのPCIスロット、最大4台のディスク・ドライブ、8GBのメモリをサポートするなど拡張性にも優れ、ニーズに応じて柔軟なスケーリングが可能です。

標準装備のSCC(System Configuration Card)と各種の保守サポート機能により保守/修理が手早く簡単に行えるほか、ALOM(Advanced Lights Out Manager)を利用してネットワーク上のどこからでもサーバをリモート管理することができます。

Sun Fire V240の機能

  • 1.34GHz/1.5GHz UltraSPARC IIIiプロセッサ(1MB L2 キャッシュ付)を最大2個搭載可能
  • 標準で4つのGigabit Ethernetポートを装備
  • リモート管理のためのサービス・プロセッサALOMを標準搭載
  • 設置効率に優れたラックマウントに最適な2U筐体
  • 独立した電源コードによる冗長電源
  • 余裕ある容量と高速データ・アクセスに対応し、活性交換が可能な4台の内蔵ディスク・ドライブ
Sun Fire V240 仕様一覧
CPUプロセッサUltraSPARC IIIi
クロック1.34GHz(注1), 1.5GHz(注2)
CPU数1.34GHz:1CPU
1.5GHz:2CPU
キャッシュメモリ32KB(I)+64KB(D)+1MB
メインメモリ1.34GHz:最大4GB
1.5GHz:最大8GB
I/OスロットPCI66×1, PCI33×2
インターフェース(注3)GigabitEthernet(1000Base-T)×4
Ultra160SCSI(VHDCI 68ピン)×1
シリアルポート(RJ45)×1
USB 1.1×2
磁気ディスク装置(内蔵)最大587.2GB
磁気テープ装置他(内蔵)オプション:DVD-ROM
外形寸法(突起物含まず)幅×奥行き×高さ:
425mm×635mm×87.6mm(ラック占有ピッチ数2U)
質量22kg
最大消費電力/皮相電力(注4)618W/650VA
最大発熱量2226KJ/h
エネルギー消費効率(注5)1.34GHz:0.067(d区分)
1.5GHz:0.046(d区分)

注1)実クロックは1.336GHz
注2)実クロックは1.503GHz
注3)上記の他、コンソール接続用のインターフェース(シリアル、Ethernet)を装備しています。
注4)定格電流値は6.5A(100V 電圧使用時)となります。なお、定格電流値は本装置の電源部品にて利用可能な電力値であり、装置稼働時の消費電力ではありません。
注5)エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。