富士通

Sun Blade 1500

本製品は2006年4月6日をもって販売を終了いたしました。

複雑なデータセットを優れたレンダリング/ビジュアライゼーション機能で快適に処理する可用性の高い64bitワークステーション

Sun Blade 1500はUltraSPARC IIIiプロセッサを搭載し、高いスケーラビリティと信頼性を低価格で実現した64bitワークステーションです。

最大8GBのメモリ容量と最大240GBの内蔵ディスクを備え、Sun XVR-100とSun XVR-600およびXVR-1200グラフィックス・アクセラレータなどの高スループット周辺機器に対応したこのシステムは、最も低い価格帯で最高のパフォーマンスを発揮する64bitテクニカル・ワークステーションです。
従来のワークステーション・ニーズの大半を満たすSun Blade 1500は、各種テクニカル・ワークステーションからのアップグレードに最適なプラットフォームです。

既存のS seriesからはOSやハードウェアとのバイナリ互換性によるスムーズな移行が可能であり、ソフトウェア/ハードウェア、そしてナレッジベースへの投資を保護します。

ワークステーション市場で最高レベルのスケーラビリティとセキュリティ機能を備えたSolarisオペレーティングシステムは、対応するテクニカル・アプリケーション数も最高レベルを誇り、ミッション・クリティカルなデスクトップに要求される高速処理と高い信頼性を実現します。

Sun Blade 1500の機能

  • 1.5GHzのUltraSPARC IIIiプロセッサを1CPU搭載
  • 大規模なデータセットを快適に処理する最大8GBのメインメモリ
  • 5つのPCIスロットによる高い拡張性に加え、IEEE1394, USBなど豊富な入出力端子による接続性を提供
  • 独立したPCIバスをグラフィックス用に確保し、高負荷グラフィックス・アプリケーションを充分な帯域幅で処理
Sun Blade 1500 仕様一覧
CPUプロセッサUltraSPARC IIIi
クロック1.5GHz
CPU数1CPU
キャッシュメモリ1次:32KB(I)+64KB(D)
2次:1MB
メインメモリ最大8GB
I/Oスロット(注1)PCI66×1, PCI33×4
インターフェースGigabitEthernet(1000Base-T)×1
シリアルポート(D-Sub9ピン)×2
パラレルポート(D-Sub25ピン)×1
USB 1.1×4
USB 2.0×3(注2)
IEEE1394×2(注2)
オーディオポート
磁気ディスク装置(内蔵)最大240GB
磁気テープ装置他(内蔵)標準:DVD-ROM, CD-RW
外形寸法(突起物含まず)幅×奥行き×高さ:175mm×465mm×460mm
質量15kg
最大消費電力/皮相電力(注3)760W/800VA
最大発熱量2738KJ/h
エネルギー消費効率(注4)0.043(J区分)

注1)内2スロット(XVR-1200アクセラレータ搭載時は3スロット)は、標準で使用済(グラフィックスアクセラレータ、IEEE1394&USBコンボカード)。
注2)USB2.0およびIEEE1394インターフェースはPCIカード(標準搭載)として実装。
注3)定格電流値は8A (100V 電圧使用時)となります。なお、定格電流値は本装置の電源部品にて利用可能な電力値であり、装置稼働時の消費量ではありません。
注4)エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。