このページの本文へ移動

プロセッサとメモリ構成

インテル Xeon プロセッサー E5-2600番台採用モデルのメモリ構成と動作

メモリ構成、条件

  • CPUは4チャネルのメモリチャネルを持ちます。1つのCPUには最低1個のメモリが必要です。
  • メモリはDDS3規格メモリ、ECC付き、LVメモリは1.5V/1.35Vのどちらの電圧でも動作します。
  • 搭載構成によっては、メモリ仕様の速度で動作できない場合があります。
  • メモリの搭載順序や条件はシステム構成図を参照ください。

メモリモード

  • メモリモードには、インデペンデントモード(デフォルト)、ランクスペアリングモード、パフォーマンスモード、ミラードチャネルモードの4種類があります。メモリモードの選定でメモリ構成や搭載条件が決められ、性能・動作が変ります。CPU#1、CPU#2は同じメモリモードで動作します。
  • メモリの動作電圧や動作モードは、BIOSで設定します。

【インデペンデントモード】

デフォルトのモードです。CPUの4メモリチャネルが独立して動作します。

【ランクスペアリングモード】

同一メモリチャネルの中で、1つのランクは他のランクのスペアとして利用でき、冗長化ができます。同一ランク内でのエラー量が一定値を超えると、メモリエラーをログしスペアとされたランクのメモリを使用します。スペアに設定されたランクはスペア用として予約され、利用メモリ容量には含まれません。同一メモリチャネルには、同一仕様のメモリのみ搭載できます。LV-UDIMMは使用できません。

【パフォーマンスモード】

CPUの最大性能を求めるモードでメモリ4チャネルを同時動作させるモードです。4チャネル単位の4個でメモリを構成します。 LVメモリも、メモリ性能が優先され、1.5Vでの電圧設定がなされることがあります。

【ミラードチャネルモード】

2013年1月発表からBIOSを最新にアップすることで使えるようになりました。
同一BANK内にミラーとなる同容量のDIMMを用意し、常時同じデータをライトし動作します。片方のメモリで修正不可能なエラーが発生すると、一方のメモリで動作を継続しシステム停止はありません。最低2枚の同一DIMMにて構成を組み、使用できるメモリ容量は、搭載メモリ容量の2分の1となります。

メモリ構成と性能

Xeon E5-2400/5600番台CPUのメモリ構成と動作

2wayサーバでは、S6世代のサーバで、Xeon 5600番台のプロセッサが対象となります。

性能情報

技術情報、性能情報、パフォーマンスレポート、コンポーネント別性能情報を参照ください。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)