このページの本文へ移動

UPSの給電方式

PRIMERGY用UPSには2つの給電方式があります。それぞれ使用環境を考慮した選択が必要です。

ラインインタラクティブ方式

動作原理と特徴

  • 通常は商用電力をそのまま出力する常時商用方式の入力側にAVR(Automatic Voltage Regulator:電圧補正回路)を追加したUPS
    入力電圧に変動(80V~120V程度)があっても、バッテリー を使わずAVRで電圧を一定にして商用電力を出力します。(通常時)
  • 停電時は、インバータによりバッテリー の直流電力を交流電力に変換して出力します。
  • 利点:AVRにより無駄なバッテリー 放電がない。常時インバータより低価格です。
  • 弱点:トランスを内蔵しているため、その分、サイズと重量が増えます。
  • 用途:比較的電源状態の良い環境での使用。標準的なサーバやストレージ向けです。

常時インバータ方式

動作原理と特徴

  • 通常時は、商用交流を直流に変換し、インバータによって再度交流に変換して出力します。
    同時にバッテリー への充電を行います。
  • 停電時は、バッテリー の直流電力をインバータによって交流に変換して出力します。
  • 利点:停電時にバッテリー への切り替え時間が発生しません。(無瞬断)
    商用交流にノイズや変動があっても、出力電圧・周波数は一定です。(ノイズに強い)
  • 弱点:常時インバータが動作しているため、UPS自身の消費電力が大きくなります。
    使用する回路・部品が多く、高価です。
  • 用途:商用電源の状態があまり良くない環境での使用。高信頼や大容量サーバ向けです。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)