このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. PRIMERGY >
  6. 技術情報 >
  7. 設計構築情報 >
  8. Windows Server 2003 Active Directory移行ガイド

Windows Server 2003 Active Directory移行ガイド

公開日:2007年4月17日

本ガイドは、既存のWindows NT4.0ドメイン、Windows 2000 Serverドメインから Windows Server 2003ドメインへの移行についてご紹介するものです。移行に必要なノウハウや、操作手順、留意点を中心に説明しています。

この資料はPDFファイルでダウンロードできます。以下の資料名をクリックしてください。

PDFWindows Server 2003 Active Directory移行ガイド(2.02MB / A4・89ページ)

目次

1章 NT4.0ドメインからの移行
1.1 移行前準備
1.2 移行手順概要
1.3 Windows Server 2003ドメイン構築
1.4 信頼関係の確立
1.5 管理者権限の追加
1.6 監査の設定
1.7 リソースの移動
1.8 ADMTのインストール
1.9 パスワードの移行準備
1.10 グループの移行
1.11 ユーザの移行
1.12 コンピュータの移行
1.13 ローカルプロファイルの移行
1.14 レポートの作成
1.15 ADMTツール後の確認
1.16 移行元ドメインの撤去
1.17 ドメイン/フォレスト機能レベルのアップグレード
1.18 ADMT v2の紹介

2章 Windows 2000ドメインからの移行
2.1 移行前準備
2.2 移行手順概要
2.3 ドメイン移行の準備
2.4 Windows Server 2003のインストール
2.5 DCへの昇格
2.6 操作マスタ(FSMO)の転送
2.7 優先DNSの変更
2.8 その他移行作業
2.9 Windows 2000 Server DCの降格
2.10 Windows Server 2003環境の構築

3章 制限事項・留意事項
3.1 制限事項
3.2 留意事項

4章 お勧め構成パターン
4.1 お勧め構成パターン
4.2 ブレードサーバでのお勧め構成パターン


Active Directory導入をご検討中のお客様は、"4章 お勧め構成パターン"をご覧ください。富士通PCサーバPRIMERGYを用いたActive Directoryのお勧め構成パターンをご紹介しています。

お勧め構成パターン

関連リンク


当資料は社内資料を、システム構築のご参考となるようWEB公開をしております。
内容や用語の一部に社内向けの表記がありますがご承知ください。