このページの本文へ移動

FUJITSU Server PRIMERGY
保守サービス期間チェック

 

PRIMERGYのサポート期間中であっても交換が必要な部品がある場合や、ご利用OSのサポート期間が終了となる場合もあります。
製品の保守期間の詳細につきましては、お問い合わせください。
無料ご相談受け付中

保守サービス期間はお客様のご購入日から換算されます。購入時期によっては同じ型名でも終了時期が異なりますのでご注意ください。
製品の保守期間の詳細につきましては、お問い合わせください。
無料ご相談受け付中

サポート期間が終了している製品につきましては、故障時も修理を承ることができなくなります。
購入時期によっては終了時期が異なります。製品の保守期間の詳細につきましては、お問い合わせください。
無料ご相談受け付中

PRIMERGYのモデル名

注 上記プルダウンメニューの選択肢に表示のないモデルについては お問い合わせください。

製品の販売終息と保守終了情報詳細

サーバが老朽化してもそのまま使い続けることのリスク

保守期間が過ぎると、部品交換、ハードウェアの補強もできなくなります。

導入後適正なライフサイクルを超過し老朽化が進むと、冷却ファンの故障など、ハードウェアトラブルを起こしやすくなり、故障率は高まります。サーバ内部には目に見えないホコリがたまり、何度も読み書きを繰り返したメモリーはエラーを起こしやすくなります。
サーバの標準保守期間は、ご購入日から 5年間です。製品保証が無くなった後は、部品の在庫が切れた時点で、保守部品は無くなります。不慮のシステムダウンなどで、重要な業務ファイルを突然失うような事態や、その上で動いているさまざまな業務が止まり、企業経営を揺るがすほどの損失を被るといったことにもつながりかねません。


見逃されやすい業務システムに組み込まれたハードウェア製品の保守サポート終了

壊れたら直せばいい!では済まされない!

【十数年以上前に導入した組み込みシステムを構築した担当者が既に退職してしまったケース】

システム自体がブラックボックス化してしまい、現担当者がソフトや、ハードウェアのライフサイクルを知らない。

【部門のファイルサーバなどの用途で手頃なPCサーバを購入し、部門のオフィスの片隅に置かれていつのまにか相当の年数が経過しているようなケース】

「サーバは基本、稼働させっぱなし」という程度の認識から、OSも購入時のプレインストールのままといった状態で放置され、管理担当者もわからなくなってしまっている。

予期せぬダウンが業務に影響

  • 保守部品の確保が難しくなる可能性が高くなる
  • 障害発生時の復旧時間の長時間化、復旧が困難な場合もあり、損失が増大

通常の保守部品では交換できない部分の障害が発生する場合があり、交換部品の在庫がなく遠地から搬送。

例) 8年稼働マシン 8時間20分ダウン
8年稼働マシン 2時間34分ダウン
6年稼働マシン 5時間28分ダウン

ハードウェアのリプレースをビジネス改革とする

ビジネス貢献を目指したリプレース

最新の比較的安価で高性能なサーバへリプレースすることで、機能の標準化・集約化を進め、工数がかかっている作業や、人手で対応している業務の自動化を実現します。 さらに、消費電力の大幅削減など、運用コストの低減にもつながります。

サーバ(ハードウェア)入れ替えの効果

  • 新たに5年間の標準サポート
  • 最新CPUで処理能力を大幅に向上。消費電力は大幅削減
  • 高速なSAS-HDDを採用。飛躍的に増加したHDD容量減
  • 大容量のメモリを搭載で、アプリケーションの動作も滑らか
  • 高効率電源採用で、省電力化を実現

製品保守サポートに関するご質問、ご相談はこちら【無料ご相談受け付中】 お電話でのお問い合わせは富士通コンタクトライン 0120-933-200[受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く])