このページの本文へ移動

Windows Server 2003をお使いの皆様へ
Windows Server 2003移行のススメ

2015年7月15日をもって、
Windows Server 2003のサポートが終了しました。

できるだけ早く最新のOSへの移行をご検討ください

PRIMERGY Windows Server 2003移行相談ナビデスク 2015年7月15日 Windows Server 2003 のサポート終了!「移行についてのご相談、お問合せは今すぐこちらへ!」お電話でのお問い合わせは富士通コンタクトライン 0120-933-200[受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く])

サポート終了による影響

マイクロソフト社によるWindows Server 2003のサポートが2015年7月15日に終了となりました。 OSの脆弱性だけでなく障害発生による業務停止の長期化など様々なリスクを抱えることになります。

ハードウェアの老朽化、Windows Server 2003 サポート終了のリスクとは

古いサーバを使い続けることで発生するリスクとは

ハードウェア老朽化リスク

標準保守期間(5年)を超えてハードウェアを使用すると、寿命部品の劣化などにより、障害が発生する可能性が高くなります。
PRIMERGYでは、監視ソフトウェアによるサーバの予兆監視等を行うことができますが、老朽化したハードウェアは、予期せぬダウンを起こし、業務に影響を与えるリスクを持っています。

OSサポート終了のリスクとは

OSのセキュリティ更新プログラム提供の終了

マイクロソフト社から月例、または臨時で無償提供されてきたOSのセキュリティ更新プログラムの提供終了に伴う、WindowsおよびWindowsアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃への対処ができなくなってしまいます。マイクロソフト社はWindows Server OSを含む同社製ソフトウェアの提供にあたり「サポート ライフサイクル ポリシー」を定めています。

Windows Server 2003はサポート終了

Windows Server OSをはじめとするビジネス向け製品では、最初のリリースから5年間の「メインストリーム サポート」と、その後の5年間の「延長サポート」を設けて、セキュリティ脆弱性やバグなどの修正パッチを無償で提供しています。延長サポートの期間に入ると、バグなどの修正パッチの無償提供が無くなり、サポートは制限が生じることになります。

おすすめ移行プラン

将来のクラウド連携も視野に入れ、仮想化集約するのがおススメです。

Windows Server 2003 からWindows Server 2012 Hyper-Vの仮想環境への移行事例


Windows Server 2003からWindows Server 2012への移行プラン

お客様の要件に応じて、様々な移行先が選択可能です。

FUJITSU Server PRIMERGY 製品ラインナップ垂直統合型 仮想化・クラウド基盤 「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Cloud (旧製品名:Cloud Ready Blocks)FUJITSU Cloud IaaS Private Hosted A5+ for Windows Server FUJITSU Cloud A5 for Microsoft Azure

(注):「FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks」は「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Cloud」に商品名称を変更しました。


PRIMERGY Windows Server 2003移行相談ナビデスク 2015年7月15日 Windows Server 2003 のサポート終了!「移行についてのご相談、お問合せは今すぐこちらへ!」お電話でのお問い合わせは富士通コンタクトライン 0120-933-200[受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く])

仮想化の検討をするなら

仮想化ソフトでの削減効果をまずは診断してみませんか?

「仮想化による削減効果診断」PRIMERGYと仮想化ソフトでコスト削減。削減効果診断 お申し込み受付中

万全の移行支援と商品・サービス

「運用」が変わる。サーバが変える。FUJITSU Server PRIMERGY

FUJITSU Server PRIMERGYは、サーバを中心としたネットワークをシンプルに再編し、仮想/物理サーバの混在するシステムおよびファシリティを統合的に運用できる環境を追求。これまでにない効率化と省力化を実現するとともに、この先の変化に柔軟に対応できるヒューマンセントリックなシステム基盤の創出に貢献します。

移行の支援や検証提供
豊富な経験に基づいた技術支援体制と充実した検証施設の提供

お客様の環境をスムーズに仮想環境に移行させるためには、経験に基づいた技術支援と、実際の運用環境に基づいた技術検証が不可欠です。富士通では「富士通 Hyper-V 仮想化センター」によりお客様のHyper-V仮想化の技術支援を全面的にサポート、さらに「富士通トラステッド・クラウド・スクエア」では、お客様のシステムを検証可能です。

充実の運用・保守サービス
任せて安心、富士通の充実サポート「FUJITSU Managed Infrastructure Service SupportDesk

富士通ではお客様が安心してシステムを運用いただけるよう、専門の技術者によるワンストップのサポート体制を準備しています。
豊富なノウハウによりトラブルの早期解決を支援し、お客様システムの安定稼働を強力にサポートします。

「運用」が変わる。サーバが変える。 FUJITSU Server PRIMERGY

FUJITSU Server PRIMERGYは、サーバを中心としたネットワークをシンプルに再編し、仮想/物理サーバの混在するシステムおよびファシリティを統合的に運用できる環境を追求します。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)