このページの本文へ移動

PRIMERGY 節電のポイント

社会的な節電対応に合わせ、省電力への取り組みが求められている状況を受け、ICTシステムにおいても、従来の大量電力消費による高速化への志向から、電力量に対する作業量の効率化を指向する節電化が必須となっています。
環境に配慮したサーバ、PRIMERGYにおける節電のポイントをご紹介します。

「省電力PCサーバの開発」で「第2回かながわ地球温暖化対策大賞」受賞


Point1. 今すぐできる節電対策(短期の節電対策)Point2. 省電力サーバへの入替え(短・中期の節電対策)Point3. 想化技術による、サーバ統合、最適化(中・長期の節電対策)

Point1. 今すぐできる節電(短期の節電施策)

既存サーバの消費電力の把握

節電効果を得るにはまず、既存サーバの消費電力の定量把握が重要です。


サーバの消費電力を知る

既存サーバの消費電力は、CPUの種類、メモリやストレージの容量などから計算で求められます。

電力使用量の見える化

PRIMERGYサーバの運用・管理ソフトウェア(ServerView Operations Manager)のパワーモニタによる消費量の可視化。

  • 電力管理 (関連資料 : パフォーマンス監視・電力監視のご紹介)

今すぐできる節電施策

利用環境の見直し

電力使用量の見える化データからサーバ利用率が低い時間帯での電源断は、バックアップサーバ、アプリサーバなどの専用サーバでは運用変更で短時間の電源断は可能と考えます。

電源のスケジュール運転による節電

PRIMERGYのサーバ運用管理ソフトウェア「ServerView Suite」ServerView Operations Manager を使ってスケジュール運転を実現します。

  • 次へ

サーバの電力制御

電力制御の設定でピークを抑える

電力使用量の見える化データから、消費電力ピークを避けた電力需要の低下する夜中での、バッチ処理投入などの運用処理のジョブスケジューリング見直しで節電が可能です。また、消費電力はコンソールの画面に見られるように、ロード負荷によって大きく変動します。消費電力のピークを低く設定することでも、節電効果を得ることができます。

  • 前へ

Point2. 省電力サーバへの入替え(短・中期の節電施策)

現行モデルは省電力

現行モデルと3年前のモデルとを比較すると、下記データに示す通り消費電力が大幅に低下しています。さらなる前世代のサーバを入れ替えると、より大きな節電効果が得られます。

3年前のモデル   現行モデル 比較
モデル名 CPU モデル名 CPU 消費電力 性能 注
TX120 Core 2 Duo T9900(3.06GHz) TX120 S3 Xeon E5-1265LV2(2.5GHz)  2% 削減 4.46
TX150 S6 Xeon 3210(2.13GHz) TX140 S1 Xeon E3-1270v2(3.5GHz) 23% 削減 3.63
RX100 S5 Xeon 3320(2.5GHz) RX100 S7 Xeon E3-1265Lv2(2.5GHz) 36% 削減 2.96
RX200 S5 Xeon X5570(2.93GHz) RX200 S7 Xeon E5-2650L(1.8GHz) 37% 削減 1.86
TX200 S5 Xeon X5570(2.93GHz) TX300 S7 Xeon E5-2650L(1.8GHz) 49% 削減 1.85

注 ベンチマークSPECint_rate_base2006値での比較

  • 次へ

省電力オプションの利用

今後のシステム構築においては省電力のオプション部品を選択することでも節電が可能です。

プロセッサ

Xeon E5ファミリー : 6コアプロセッサ 2基を低電圧プロセッサに構成変更

Xeon E5-2620 (2GHz)   Xeon E5-2630L(2GHz) 節電効果
SPECint_rate_base2006 消費電力合計
(TDP値)
  SPECint_rate_base2006 消費電力合計
(TDP値)
37%
削減
RX300 S7 376 95W (最大)
かける 2
190W
(最大)
RX300 S7 377 60W (最大)
かける 2
120W
(最大)

ディスク

2.5インチHDD 3本を SSD に構成変更

2.5インチHDD 3本   SSD 3本 節電効果
消費電力合計   消費電力合計 86%
削減
146GB(7W) かける 3 【RAID5】 21W (最大) 100GB(1W) かける 3 【RAID5】 3W (最大)

300GB HDD 5本を 600GB HDD 3本に構成変更

300GB HDD 3本   600G HDD 3本 節電効果
消費電力合計   消費電力合計 40%
削減
300GB(13W) かける 5 【RAID5】 65W (最大) 600GB(13W) かける 3 【RAID5】 39W (最大)
  • 前へ

Point3. 仮想化技術による、サーバ統合、最適化(中・長期の節電施策)

サーバ仮想化集約の節電効果

既存のPCサーバをPRIMERGY(2WAYサーバ)と仮想化システムに集約した場合の、消費電力やサーバ数などの「削減効果診断」を無料で実施中です。

【削減効果(例)】30台のサーバを3台に集約。27台の削減で、消費電力は3,812Wも削減。


お客様所有のPCサーバをPRIMERGY+仮想化ソフトウェアで
サイジング/見積してみませんか?今すぐ「削減効果診断」をお申し込み「台数を入力するだけの、かんたんお申し込み」

「仮想化による削減効果診断」PRIMERGYと仮想化ソフトでコスト削減。削減効果診断 お申し込み受付中

PRIMERGY 低消費電力オプションによる節電 富士通のPCサーバ PRIMERGY(プライマジー)

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)