このページの本文へ移動

バックアップの仕組みと構成

お客様のシステム環境に合わせた、バックアップの例をご紹介します。

バックアップ例

ローカルバックアップ

サーバ毎に内蔵または外付けされたテープ装置やディスクにデータをバックアップする方法です。一番シンプルでコストも抑えることができ、最も導入しやすい構成です。

サーバが比較的少ないシステムにお勧めの構成です。

ローカルバックアップの概要


ネットワークバックアップ

大容量のテープ装置を接続したバックアップサーバを導入し、ネットワークに散在する複数サーバのバックアップを、ネットワークを経由して処理する構成です。 この構成では、バックサーバでバックアップ処理が一元管理ができますので、個々のサーバでバックアップするよりも管理者の負担が軽減されます。バックアップ実行時は、大容量のデータがネットワークを経由しますので、業務LANへの影響を排除するためバックアップ専用のLANを敷設し、ネットワーク性能の劣化を防ぎます。

バックアップ運用を統合したいシステムにお勧めです。

ネットワークバックアップの概要


SANバックアップ

SAN接続されたサーバ共有ディスクアレイ装置の瞬時コピー機能(OPC)によるディスクへの高速バックアップとバックアップサーバによるD2D2T構成です。また、信頼性の高い、専用ストレージにデータを格納することで、データ損失の危険性を大幅に低減します。

業務を止めずに、より高信頼、高速なバックアップにお勧めです。

SANバックアップの概要

バックアップ デバイスの選定はこちら

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)