このページの本文へ移動

Windows HPC Server 2008 R2ご紹介

HPC(High Performance Computing)に特化したOS

HPCシステム全体の性能を向上させるには、HPC用の並列プログラムの性能向上に加え、計算ノード間の通信性能の向上が必要になります。これらのシステム要件に応じたWindows HPC Server 2008 R2は、Windows Server 2008 R2をベースとたHPC(High Performance Computing)に特化したOSです。

製品情報

本製品は、HPCクラスタ環境をWindows上に構築するためのソフトウェアです。富士通では4種類のバンドルオプションを提供します。

  1. Windows Server 2008 R2 HPC Editionバンドル

    HPC用途専用のOSでCALが不要です。Windows Server 2008 R2 HPC EditionはHPCに特化した製品で、その他用途(ファイルサーバ、HPC以外のアプリケーションサーバなど)に使用できません。

  2. Microsoft HPC Pack 2008 R2 Expressバンドル

    表1に記載するHPCクラスタのコア機能を提供します。(OSは含まない)

  3. Microsoft HPC Pack 2008 R2 Enterpriseバンドル

    HPC Pack 2008 R2 Expressを包含し、表1に記載する機能を提供します。(OSは含まない)

  4. Windows HPC Server 2008 R2 Suiteバンドル

    以下のHPC専用OSとHPCクラスタ環境を構築するのに必要な機能を提供するHPC Packの2つの製品を含みます。

    • Windows Server 2008 R2 HPC Edition
    • Microsoft HPC Pack 2008 R2 Enterprise
表1 HPC Packの機能比較
HPC Pack 2008 R2 Express HPC Pack 2008 R2 Enterprise
ジョブスケジューリング ジョブスケジューリング
クラスタマネージメント クラスタマネージメント
ネットワーキング ネットワーキング
MPIライブラリ(注1) MPIライブラリ(注1)
HPC Services for Excel 2010
Cluster of Workstation

注1)Message Passing Interface。

システム構成

一般的なHPCのシステム構成です。


図1 HPCのシステム構成イメージ図

表2 構成要素の役割
構成要素 役割
ヘッドノード HPCクラスタ構成、計算ノードなどを管理するノード
計算ノード 計算ジョブを実行するノード。
Active Directory サーバ(必須) ヘッドノード、計算ノード、HPCクラスタを使用するユーザーのアカウントを管理。HPCクラスタではActive Directory必須。
ファイルサーバ(オプション) 計算ジョブの実行結果を集約保存するサーバ。
クライアントノード(オプション) HPCクラスタを遠隔操作するためのノードで、管理ツールのみインストール。計算ノードして使用不可。
エンタープライズネットワーク ADサーバやファイルサーバへアクセスするための業務ネットワーク。
プライベートネットワーク クラスタノード間の死活監視、ノード情報の収集、ノードの操作をする管理ネットワーク。
アプリケーションネットワーク Infinibandなどの高帯域幅で接続されたクラスタノード間でMPI アプリケーション通信を行うネットワーク。

システム要件

表3 Windows Server 2008 R2 HPC Editionのハードウェア要件
項目 要件
プラットフォーム 64ビット
最大プロセッサ 4ソケット
メモリ 最小:512MB(推奨:2GB )
最大:128GB
HDD 最小:50GB(推奨:80GB)
システムボリュームは、Mater Boot Record(MBR)形式である必要があります。追加のボリュームはMBRまたはGUID Partition Table(GPT)が使用可能です。
ドライブ DVD-ROMドライブ
Windows Server 2008 R2 HPC Edition、HPC PackのメディアはDVDでの提供となるためインストールにはDVD-ROMドライブが必要となります。
ネットワークアダプタ 各ノードには1つ以上のNICが必要となります。搭載しているNIC数が1つの場合トラフィックが集中しパフォーマンスが低下してしまう可能性があるため、概要検証およびテストで使用する場合を除き、2つ以上搭載することを推奨します。
表4 Windows HPC Server 2008 R2システムのサーバーソフトウェア要件
項目 要件
ヘッドノード / 計算ノード Windows Server 2008 R2 HPC EditionとMicrosoft HPC Pack 2008 R2 EnterpriseもしくはMicrosoft HPC Pack 2008 R2 Express
  • ヘッドノード / 計算ノードはServer Coreを使用できません。
  • ヘッドノードを汎用サーバとして利用したい場合はWindows Server 2008 R2 HPC Editionに代わってWindows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenterも利用可能です。
  • 計算ノードを汎用サーバとして利用したい場合はWindows Server 2008 R2 HPC Editionに代わってWindows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter、Windows Server 2008 Standard(64ビット) / Enterprise(64ビット) / Datacenter(64ビット)も利用可能です。
  • Windows Server 2008 R2 HPC Editionは、Windows Server 2008 R2 Standardと同様に物理環境および仮想環境でそれぞれ1つのサーバインスタンス可能です。両方のインスタンスが同時に実行される場合、物理環境のインスタンスは仮想環境の管理、およびサービスの実行のみの使用に制限されます。
Active Directory サーバ Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2

富士通のPCクラスタについて

PRIMERGYによるPCクラスタ

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)