このページの本文へ移動

Microsoft® Windows Server® 2003 R2動作確認情報

[更新日:2011年8月16日]

Windows Server® 2003 R2の適用について

マイクロソフト社より「Microsoft® Windows Server® 2003 R2(以下、Windows Server 2003 R2)」が2006年2月初旬にリリースされました。
Windows Server 2003 R2は、安定性に優れた Windows Server 2003 オペレーティング システムのリリースアップデートです。Windows Server 2003 R2 は Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) をベースに構築されています。実績のある Windows Server 2003 SP1 のコード ベースの安定性とセキュリティの強化機能を生かすだけでなく、ブランチサーバーの管理の簡素化、ID とアクセスの管理、ストレージの構成と管理に関連する機能が大幅に強化されました。


対象OS

  • Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Standard Edition
  • Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Enterprise Edition

Microsoft® Windows Server® 2003, for Itanium-based SystemsのR2はありません。
Microsoft® Windows® Small Business Server 2003 R2は、2006年7月にリリースされました。

対象製品

  • 本ページはWindows Server 2003 R2のリリース以前に発表した当社PCサーバ PRIMERGYおよび周辺機器の Windows Server 2003 R2の動作確認情報です。

  • Windows Server 2003 R2リリース以降の新製品はすべて当OSをサポートしておりますので本ページには記載しておりません。システム構成図でご確認ください。

Windows Server 2003 SP1と互換性のあるハードウェア、ソフトウェアは、Windows Server 2003 R2と互換性があると見なせますが、導入にあたっては、事前に「Windows Server 2003 R2動作確認情報」をよくお読みいただき、お客様の責任にて導入をお願いします。
また、公開している動作確認情報はWindows Server 2003 R2での動作保証をするものではありません。

Windows Server 2003 R2の動作確認情報

当社での確認作業において適用時に一部不具合が見つかっております。導入にあたっては、事前にサーバ本体と周辺機器、サーバ添付ソフトウェアの動作確認状況を確認の上、導入してください。

当社ミドルウェアにおけるWindows Server 2003 R2の動作確認情報

Windows Server 2003 R2対応状況と留意事項

一般的な留意事項

一般的な留意事項

インストール情報


手動インストール手順書です。

PDFWindows Server 2003 R2 インストール手順書

ご参考


マイクロソフト社よりWindows Server 2003 R2に関する各種情報が公開されています。
Windows Server 2003 R2は強化されたセキュリティや信頼性、簡素化された管理などが提供されており、適用前に内容をご確認されることをお奨めします。