このページの本文へ移動

Windows Server 2008 R2 ダウングレードサービス付き製品のご紹介

PRIMERGYでは、Windows Server 2008 R2のOSライセンスを用いた、旧バージョンのWindows Server の ダウングレードサービス付き製品を提供いたします。
ご購入にあたっては本ページの情報をご確認ください。

ダウングレードサービスとは

Windows Server 2008 R2に付与されたダウングレード権に基づき、お客様がWindows Server 2008をご利用になる際、富士通がメディアの準備やインストール作業をお客様からのご要望を受けて代行する サービスです。

ダウングレードサービス付き製品

  1. 標準 Windows Serverのメディアに加え、Windows Server 2008(32-bit、64- bit)のインストールメディアを同梱してご提供します。
  2. 富士通が旧バージョンのWindows Server をインストールする作業を代行する製品もあります。
  3. 添付されているスタートアップガイド、クライアントアクセスライセンス等は、Windows Server 2008 R2用となりますが、Windows Server 2008(32-bit、64-bit)でも使用できます。
    • 同梱メディアで再インストールする場合、プロダクトキーは要求されません。
    • ServerView Installation Manager(セットアップ支援ツール)で同梱メディアを利用しインストールする場合、プロダクトキーの入力領域は表示 されますが、入力しないで次に進んでください。
    • 貼付されているCOAシール(プロダクトキーが記載されているシール)は、Windows Server 2008 R2用です。Windows Server 2008には利用できません。
  4. 本製品は、Windows Server 2008の代わりにWindows Server 2008 R2 を再インストールして使用できます。
    • Windows Server 2008 R2 の動作確認状況は、各製品のサポートOS情報をご確認ください。
  5. オプションのWindows OSバンドルや基本WindowsOS変換機構により、同等のサービスを提供しています。

関連情報

(注)本文では理解しやすくするために、Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2の名称を簡略して表現しています。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)