このページの本文へ移動

SCSI アレイコントローラカード(PG-140D1 / PGB140D1)

概要

PCIまたはPCI-Xスロットに搭載し、内蔵SCSIハードディスクにより、ディスクアレイを構成することができる0チャネルRAIDカードです。

仕様

  1. PCI-Xスロットに装着するカードで、ハードディスクに接続してディスクアレイを構成します。RAIDのレベルはRAID0 / 1 / 5 / 10(0+1)です。

  2. インテル社のGC80321プロセッサを使用し、高速処理を実現します。

  3. ディスクの媒体エラー自動修復機能、不良ブロック自動代替機能、バックグラウンドでの媒体エラー修復機能、ホットスペア等の高信頼性機能を有しています。

  4. 管理ユーティリティ(Global Array Manager)を使用して、OS上からのアレイ構成、フィジカルパック容量拡張をはじめ、RAIDの管理、HDD故障監視が可能です。

  5. OffLine構成作成ツール(WebBIOS)を使用して、OSのない状態でのアレイ構成、フィジカルパック容量拡張等のRAIDの構成が可能です。

  6. バックグラウンド初期化をサポート。この初期化によりWebBIOSからの初期化処理が完了する以前にOSインストール作業を開始できます。

仕様

品名 SCSIアレイコントローラカード
型名 PG-140D1 / PGB140D1(カスタムメイド対応製品)
CPU Intel GC80321 66MHz
キャッシュメモリ 128MB
バッテリーバックアップ なし
バス PCI-Xバス(64bit対応)3.3V / 5V
カードサイズ ハーフサイズ
ブラケットサイズ Fullheight
SCSI仕様 Ultra320 Wide SCSI
SCSIチャネル数 0チャネル
SCSIコネクター数 0(本体ベースボードのコネクター使用)
最大接続HDD数 14台(サーバ本体による)
RAIDレベル 0 / 1 / 5 / 10(0+1)
添付品 ドキュメント&ツールCD、ドライバディスク
BIOSツール WebBIOS(注)
管理ユーティリティ GAM(Global Array Manager)
必須ソフトウェアServerView、GAM

注 : WebBIOSとはシステム起動時に起動するBIOSツールであり、以下のRAID管理機能をサポートします。カードの設定、RAID構成の作成、初期化、RAID/ハードディスク状態を参照。


SCSIアレイコントローラカード(PG-140D1)をTX150 S2(2004年12月発表モデル)にて、使用する場合の留意事項

内容

本サーバにSCSIアレイコントローラカード (PG-140D1) をTX150で使用する場合、サーバ本体のBIOS設定が必要となりますのでご注意願います。
本設定を行わないと、SCSIアレイコントローラカードのWebBIOSに入ることができません。


対象型名

2004年12月発表モデル

PGT1521GK,PGT15216K,PGT15216J,PGT1521GS,PGT15216S

PGT15216R,PGT1521GL,PGT15216L,PGT15217K,PGT15217J

PGT15217S,PGT15217R,PGT15217L,PGT1521AA,PGT1521XS

PGT1521XR


TX150のBIOS設定の変更

[Main]
- [Boot Options]
- [Boot Settings Configuration]
- [Boot Settings Configuration]
- [Interrupt 19 Capture], 設定値を[Enable]にしてください。

その他

本体添付のユーザーガイドでは、本設定値が[Disable(変更禁止)]と記載されている場合がありますが、[Enable]に設定の上、運用してください。


PCサーバ PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)