このページの本文へ移動

PCサーバ 「PRIMERGY」の一部製品における
システム稼働中の時刻ずれに関する重要なお知らせ

2018年10月19日
富士通株式会社

PCサーバ「PRIMERGY」の出荷済の一部モデル(4モデル注 「TX1310 M3」「TX1320 M3」「TX1330 M3」「RX1330 M3」)において、特定の期間内に出荷したサーバに搭載したBIOSサマータイム機能設定の不適切な処理により時刻ずれが発生する可能性があることが判明しました。
つきましては、不具合の発生内容のご報告と合わせ、その対処方法について以下の通りご案内させていただきます。内容をご確認いただき、対処方法の実施についてご協力くださいますようお願い申し上げます。

対象モデル

ご案内させていただく不具合は、一部モデルと出荷時に搭載している特定BIOS版数の組合せの場合に発生する可能性があります。対象となるモデルとBIOS版数、製造工場出荷時期は以下の通りです。

製品名 不具合のあるBIOS版数 対策後のBIOS版数 製造工場出荷時期
1 TX1310 M3 1.7.0 ~ 1.17.0 1.19.0以降 2017年6月~2018年7月
2 TX1320 M3 1.3.0 ~ 1.17.0 1.18.0以降 2017年5月~2018年6月
3 TX1330 M3 1.3.0 ~ 1.17.0 1.18.0以降 2017年5月~2018年6月
4 RX1330 M3 1.3.0 ~ 1.17.0 1.18.0以降 2017年5月~2018年6月

なお、対象サーバにおいて出荷後に「BIOS 1.18.0版(「TX1320 M3」「TX1330 M3」「RX1330 M3」)」ならびに、「BIOS 1.19.0版(「TX1310 M3」)」以降のBIOS版数への更新(アップデート)作業を実施された場合は、本不具合の対象外となります。

発生条件

以下いずれかのサーバ環境でご使用いただいている場合は、本不具合事象は発生しません。

  • システムソフトがLinux、VMwareでご使用いただいている環境。
    注 Windows ServerをKVM/ESXiの仮想環境で使用している場合も本不具合事象は発生しません
  • 修正後のBIOS版数以降をご使用いただいている製品。
  • NTP(Network Time Protocol)サーバと時刻同期をしている環境。
  • 設定変更ツール(DSE Reset Tool)でDSE設定をDisableに変更した製品。

確認方法については以下を参照願います。
PDF PRIMERGYにおける時刻ずれ事象の対象確認、対処方法(95KB) [2018年10月19日]

不具合内容

PRIMERGYの一部製品において、BIOSのサマータイム機能を有効とする内部フラグ(DSE:Daylight Saving Enable)が有効になっている装置があり、Windows稼働中にOS上の時刻が1時間ずれ、アプリケーションの動作が異常となる場合があります。

  • 10月最終日・月曜日と4月第一日・月曜日に稼働中のWindows OSの時刻が1時間ずれる事象がサーバにて生じる可能性があります。

対処方法

不具合事象が発生する条件でご利用いただいているお客様につきましては、以下の対処を実施いただきますよう、お願いいたします。

設定、BIOSの変更

以下のいずれかの対策を行なってください。

  1. 設定変更ツール(DSE Reset Tool)によるDSE設定の変更
    設定変更ツールにてDSE設定をDisableに変更してください。
    注 本対処は、Windows上で実施可能であり、サーバの再起動は不要です。

    [設定変更ツールの入手方法について]
    弊社「PRIMERGY」ページの「ダウンロード」にて提供しております。
    以下のURLよりご利用の製品名、型名、OS、およびカテゴリとして「その他」を選択し、「添付ソフト/ドライバ名称(部分一致可)」を“DSE”として検索してください。
    http://azby.fmworld.net/app/customer/driversearch/ia/drviaindex?新規ウィンドウが開きます

    2018年10月時点の、設定変更ツールの公開URLは以下になります。
    http://azby.fmworld.net/app/customer/driversearch/ia/drviadownload?driverNumber=F1027071新規ウィンドウが開きます
  2. 対策済BIOSの適用
    以下の対策済BIOSへアップデートしてください。(最新版を推奨)
    注 本対処は、サーバの再起動が必要です。
    • PRIMERGY TX1310 M3:BIOS 1.19.0以降
    • PRIMERGY TX1320 M3:BIOS 1.18.0以降
    • PRIMERGY TX1330 M3:BIOS 1.18.0以降
    • PRIMERGY RX1330 M3:BIOS 1.18.0以降
    [BIOSの入手方法について]
    弊社「PRIMERGY」ページの「ダウンロード」にて提供しております。
    以下のURLよりご利用の製品名、型名、OS、およびカテゴリとして「ファームウェア」を選択し、検索してください。
    http://azby.fmworld.net/app/customer/driversearch/ia/drviaindex?新規ウィンドウが開きます

    2018年10月時点の、最新BIOSの公開URLは以下になります。

時刻の修正

サーバの時刻を確認し、ずれていた場合は時刻を合わせてください。
(「DSE設定変更」あるいは「BIOS更新」では、ずれてしまった時刻は修正されません)

お問い合わせ窓口(専用窓口)

本不具合の内容、及び、対処方法に関するお問い合わせにつきましては、以下のお問い合わせ窓口にて対応させていただきます。

お問い合わせの内容を以下の宛先まで、メールにてご連絡頂きますようお願いいたします。別途、当社担当より、お問い合わせ内容についてご回答させていただきます。

注 尚、問合せいただきました内容によっては、ご回答までに時間を要する場合がありますので、予めご了承願います。

【お問い合わせ窓口(専用窓口)の連絡先】
E-mail contact-dse@cs.jp.fujitsu.com

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)