このページの本文へ移動

FUJITSU Server PRIMERGY CX600 M1

【PRIMERGY CX600 M1】 【PRIMERGY CX1640 M1 (空冷・水冷)】

PDF PRIMERGY CX600 M1 / CX1640 M1 カタログ (583KB)[2016年9月20日]

関連オプションの情報はシステム構成図をご確認ください。


マルチノードサーバ FUJITSU PRIMERGY CX600 M1

2Uサイズのシャーシに最大8ノードを搭載し、従来製品の2倍の集積密度を実現

最新CPU「インテル® Xeon Phi™ プロセッサー」を1基搭載する「PRIMERGY CX1640 M1」サーバノードを、2Uサイズの「PRIMERGY CX600 M1」シャーシに、前面から4台、背面から4台、合計で最大で8台搭載することができます。
また、1シャーシ規模の中小システムから、19インチラック1本あたり最大168台搭載可能な集積密度を活かした大規模システムまで、様々な規模のシステムを構築することができます。

PRIMERGY CX1640 M1サーバノード搭載イメージ

PRIMERGY CX1640 M1(空冷・水冷)

空冷モデルに加え、最新の温水冷却技術を採用した水冷モデルをラインナップ

水冷モデルはサーバに内蔵する水冷ポンプでCPUを冷却し、冷却ファンの回転数を下げることで、サーバ消費電力を削減します。また、冷却水と共にサーバ外に出される熱は、サーバを搭載する19インチラックに連結されるCDU での熱交換、屋外に設置する冷却塔での外気冷却により、従来よりも少ない空調設備で冷却されます。サーバや冷却設備の消費電力、および冷却設備そのものの削減により、システムのTCOを削減します。

インテル® Xeon Phi™ プロセッサー 製品ファミリーを搭載

最新「インテル® Xeon Phi™ プロセッサー」は「インテル® Xeon® プロセッサー」と同様に独立して動作するCPUです。1CPUあたり最大72コアを搭載し、理論演算性能では従来製品「インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー」の約2.5倍となる 3テラフロップス(TFLOPS)以上を実現します。また、メモリはプロセッサーに内蔵する最大16GBの高速MCDRAM(Multi-Channel DRAM)に加え、最大384GBのDDR4メモリを搭載可能です。

関連情報

CX600 M1 オプション・周辺機器 詳細情報

名称 型名 価格 ダウンロード
内蔵2.5 インチBC-SATA HDD - 1TB / 2TB
(セクターサイズ:512e)
PY-BH1T7F8 / PYBBH1T7F8 55,000円 PDF詳細
PY-BH2T7F8 / PYBBH2T7F8 110,000円
内蔵2.5 インチBC-SATA HDD - 1TB / 2TB
(セクターサイズ:512n)
PY-BH1T7D8 / PYBBH1T7D8 55,000円 PDF詳細
PY-BH2T7D8 / PYBBH2T7D8 110,000円
OP HFI カード(100Gbps) PY-HF301 / PYBHF301 280,000円 PDF詳細
Dual port OP IFTキャリアカード(100Gbps) PY-HF302F / PYBHF302F 50,000円 PDF詳細

上記にないCX600 M1 オプション・周辺機器はシステム構成図をご確認ください。



FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)