このページの本文へ移動

PRIMERGY ブレードサーバシステム 適用例

データベースでの適用

Symfoware Server ~ 富士通の高信頼データベース ~

お客様へゆるぎない「安心」を提供する高信頼データベース
~ SymfowareとBladeで、より簡単で安全に、使いやすく進化 ~

今日のITシステムは、ノン・ストップでサービスを提供することが求められています。企業内の決済システムやメールシステムなどにおいても、万一システムが止まると、企業活動に重大な影響を引き起こすようになってきています。

こうした環境の中、Symfoware はメインフレーム時代からミッションクリティカルにフォーカスし、大規模なシステムから企業の一般のシステムにいたるまで、安定して稼動する高い可用性を追求しています。Symfowareではフェールオーバ機能により、システムを二重化することで、不測のダウンから秒オーダでの復旧が可能です。また、万一のデータ破壊の際にもデータベースの高速な復旧ができるだけでなく、データベースの管理情報に対しても専用の復旧手段が用意されているため、長時間かかるデータベースの再構築をすることなく、業務の再開が可能です。また、Symfowareは、日本で最初に、セキュリティ評価の国際標準「ISO / IEC 15408」でEAL認証を受けた実績を持っています。

この成果は、PRIMERGY Blade ServerとSymfowareでの組み合わせにおいても受け継がれ、お客様への大きな安心に繋がっています。省スペース・省ケーブルで設置性や取扱いに優れたブレードサーバに、Webサーバ,APサーバ、DBサーバを統合・集約し、SANブート、Symfowareホットスタンバイを適用した高可用性システムを構築できます。


データベース Symfoware Server (シンフォウェア サーバ)

業務アプリケーション(ERP)での適用

Interstage Application Server ~ 高信頼・高性能のアプリケーションサーバ ~

安全な業務システムの構築・運用を実現するアプリケーションサーバ
~ InterstageとBladeで、簡単かつ安全な業務実行 ~

現在、企業情報システムにおいて、Webシステムは欠くことのできない重要なアーキテクチャーとなっています。受発注業務、金融業務などのように、従来までならメインフレームでと考えられてきた業務のWebシステム化が急速に進んでおり、Webシステムがミッションクリティカルな業務を担うようになってきています。そこで今まで以上に重要となるのがWebシステムの「安定性・信頼性」です。

こうした状況の中、富士通のアプリケーションサーバ「Interstage Application Server」では、PRIMERGY Blade Serverを活用し、複数サーバを組み合わせたスケーラブルで安定性・信頼性に優れたシステムを構築できます。

PRIMERGY Blade Serverにて業務システムを実行するには、各サーバへのアプリケーションの配備、起動・終了操作の効率化、サーバ追加時の設定操作の容易性が求められます。また、運用中のトラブル発生による業務停止を防ぎ、安定稼働、継続稼働できることが必要です。さらに、業務システムの長いライフサイクルの中で、サーバやOSの変更による影響を最小限に抑える互換性の高い業務実行基盤であることが求められています。

Interstage Application Serverは、これらの要件を満たす、ブレードサーバ環境に適したアプリケーションサーバです。


アプリケーションサーバ Interstage Application Server

ブレードサーバに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)