富士通

UNIXサーバ PRIMEPOWER 2500

PRIMEPOWER本体装置は、(2008年5月に)販売終息いたしました。
なお、本製品の後継製品は、SPARC Enterpriseとなります。

本製品は、2007年12月をもって販売を終了いたしました。詳細は、今までに発表した製品をご覧ください。

最大128CPUのスケーラビリティを誇るハイエンドサーバ

  • SPARC64™ Vプロセッサを最大128CPU搭載可能
  • 大規模SMP構成により、特別なチューニングなく高性能を提供
  • クロスバー、クロックなど、多くの部品が冗長構成(注)
  • 高信頼なパーティショニング、DR(動的再構成)をサポート
  • 急変するビジネス環境に即座に対応できるCoDに対応

注:クロスバーは縮退運転

さらに詳しくは「特長・機能」をご覧ください。

| 特長・機能 | 仕様・諸元 | カタログ・資料 | UNIXサーバ製品比較表 |

主な仕様

タイプ ペディスタル(タワー)
CPU プロセッサ SPARC64 V
周波数 1.82GHz, 2.08GHz
プロセッサ数 最大128
メモリ 最大512GB
ハードディスク 最大18.8TB
PCIスロット 最大320スロット
OS Solaris™ 9, 10
標準価格 111,691,000円(税別)より
構成:8CPU(1.82GHz)、8GBメモリ、73.0GBディスク×1

| 仕様・諸元 | 本モデル以前の仕様・諸元 | 本製品のサポート |
| 周辺装置 | ソフトウェア | パートナー製品 |