このページの本文へ移動

プロダクトによる投資対節電効果

プロダクトによる投資対節電効果の図です。短期的施策、中期的施策、長期的施策の順に、節電効果と期間とコストが大きくなります。短期的施策は、見える化、電力管理です。中期的施策は、最新機種に入れ替え、ソフトウェア連携、仮想化・統合です。長期的施策は、データセンター(クラウドサービスは除きます。)、グリーンファシリティ、診断サービスです。