このページの本文へ移動

省エネ対策とIT基盤の最適化、どう進めていくか? 中期的施策

最新技術を随所に活かしたグリーンICTが、企業の省エネ対策をバックアップ

これまで活用されてきた現行機種にも節電・省エネ技術が無数に組み込まれ、お客様における利用環境を支えてきました。
今回は、さらに節電・省エネ効果を高めていくための「中期的施策」として、「最新機種への入れ替え」「ソフトウェア連携」「仮想化・統合」という3つをテーマに、 最新の技術がどのように省エネに活かされているのか、またシステム全体をどう最適化していくかを解説いたします。

最新機種に入れ替え

この数年の環境問題の深刻化とともに進められてきた対策技術の進化は目を見張るものがあります。
例えば5年前の機種と単純に比較しても、その間の技術革新による性能の向上は一目瞭然です。

ソフトウェア連携

個々のIT機器がもつ省エネ技術をさらに大きなパワーに変えるため、システムを一元管理し、電力をマネジメントする必要があります。
つまり、システム全体を「見える化」して最適化する。そこにソフトウェアの大きな役割があります。

仮想化・統合

仮想化による集約・統合は、機能を強化しながらも利便性を高め、物理的な台数を大きく削減できるため、節電・省エネ対策として有効です。また、コスト削減にも有効であり、近年ではクラウド化も注目されています。

実践事例 富士通 沼津ソフトウェア開発クラウドセンター 国内6拠点に分散していた1,800台に及ぶ開発用サーバを集約!

インタビュー参加者

エンタプライズサーバ事業本部 実装技術開発統括部 プリンシパルエキスパート 村田 英己の写真

【全体総括】
エンタプライズサーバ事業本部
実装技術開発統括部 プリンシパルエキスパート
村田 英己

【司会進行】UNIXサーバ SPARC M10担当 エンタプライズサーバ事業本部 事業企画統括部 企画部 部長 伊藤 達夫の写真

【司会進行】
UNIXサーバ SPARC M10担当
エンタプライズサーバ事業本部 事業企画統括部
企画部 部長
伊藤 達夫

FUJITSU Server PRIMERGY担当 IAサーバ事業本部 IAサーバ事業部 システムエンジニアリング部 高見 浩之の写真

FUJITSU Server PRIMERGY担当
IAサーバ事業本部 IAサーバ事業部
システムエンジニアリング部
高見 浩之

FUJITSU Server PRIMEQUEST担当 IAサーバ事業本部 IAサーバ事業部 システムエンジニアリング部 廣瀬 元義の写真

FUJITSU Server PRIMEQUEST担当
IAサーバ事業本部 IAサーバ事業部
システムエンジニアリング部
廣瀬 元義

ストレージ担当 プラットフォーム技術本部 プロダクトソリューション技術統括部 マネージャー 山崎 彰の写真

ストレージ担当
プラットフォーム技術本部
プロダクトソリューション技術統括部 マネージャー
山崎 彰

ソフトウェア担当 計画本部 開発企画統括部 プラットフォーム企画部 部長 朽木 忍の写真

ソフトウェア担当
計画本部
開発企画統括部
プラットフォーム企画部 部長
朽木 忍

ネットワーク担当 ネットワークサービス事業本部 プロダクト企画統括部 伊瀬 英樹の写真

ネットワーク担当
ネットワークサービス事業本部 プロダクト企画統括部
伊瀬 英樹

ネットワーク担当 ネットワークサービス事業本部 プロダクト企画統括部 浪平 大輔の写真

ネットワーク担当
ネットワークサービス事業本部 プロダクト企画統括部
浪平 大輔

計画本部 ソフトウェア開発クラウドセンター センター長 上田 直子の写真

計画本部
ソフトウェア開発クラウドセンター センター長
上田 直子

計画本部 ソフトウェア開発クラウドセンター マネージャー 長澤 武則の写真

計画本部
ソフトウェア開発クラウドセンター マネージャー
長澤 武則

計画本部 ソフトウェア開発技術統括部 シニアエキスパート 住田 宏己の写真

計画本部
ソフトウェア開発技術統括部
シニアエキスパート
住田 宏己

計画本部 ソフトウェア開発技術統括部 システムインテグレーション技術部 吉本 安男の写真

計画本部
ソフトウェア開発技術統括部
システムインテグレーション技術部
吉本 安男